このページの本文へ

12万938円から購入可能

FFXIVも快適! 12万円台で価格と性能のバランスいい15.6型ノートPC

2017年08月07日 09時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LEVEL-15FH060-i7-LSS」

 ユニットコムが販売する15.6型ゲーミングノートパソコン「LEVEL-15FH060-i7-LSS」は、12万938円から購入可能で、CPUにCore i7-7700HQ(2.8GHz)を採用し、8GBメモリーと240GB SSDを搭載。GPUはGeForce GTX 950Mを採用している。この構成でどの程度の力を持っているのか、まずWindowsの基本的な評価が可能なプログラム「WinSAT.exe」(「Windows エクスペリエンス インデックス」)の実行結果を紹介しよう。

 「プロセッサ」と「メモリ」の値がともに「8.4」、「プライマリハードディスク」の値が「8.2」とかなりよいスコアが出ている。「グラフィックス」が「5.8」と低いのは、CPU内蔵のグラフィックス機能を利用して計測しているからなので、気にしなくてよい。また、ゲーム用グラフィックスについては、WinSAT.exeでは正しく計測できない。

試用機のWindowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)の結果

3Dゲームもしっかり快適に遊べる

 基本性能は高い「LEVEL-15FH060-i7-LSS」だが、ゲーミングパソコンとして気になるのは、ゲームの快適さ。まず「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を実行してみた。設定は1920×1080ドット、ウィンドウモードにして計測した。

「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を「標準品質(ノートPC)」で実行
「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を「高品質(ノートPC)」で実行
「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を「最高品質」で実行

 グラフィックス設定を「標準品質(ノートPC)にしたときは「非常に快適」、「高品質(ノートPC)だと「とても快適」、「最高品質」にしても「快適」という評価になった。どの設定でも問題なく遊べそうだ。

 「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」も実行してみた。こちらもフルHD解像度、最高品質、ウィンドウモードで実行したところ、「すごく快適」という評価だった。何の問題もなく快適に遊べる結果だろう。

「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」を「最高品質」で実行

 家庭やオフィスでのスタンダードな利用はもちろん、3Dゲームで遊びたいユーザーにとってもある程度満足できそうな性能があるのがベンチマークから読み取れる。手頃な価格で高性能なマシンを手に入れたい人におすすめだ。

試用機の主なスペック
機種名 LEVEL-15FH060-i7-LSS
CPU Core i7-7700HQ(2.8GHz)
グラフィックス GeForce GTX 950M
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.1(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マルチメディアスロットなど
サイズ/重量 およそ幅380×奥行270×高さ36mm/約2.3kg

■関連サイト

カテゴリートップへ