このページの本文へ

太鼓芸能集団「鼓童」と共同開発

ローランド、世界初の「電子担ぎ太鼓」を発表

2017年08月04日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「電子担ぎ太鼓」

 ローランドと太鼓芸能集団・鼓童は8月4日、世界初の「電子担ぎ太鼓」を共同開発したと発表した。

 伝統的な担ぎ太鼓のデザインや構造をベースに、ローランドが電子ドラムの開発で培った技術やノウハウを注ぎ込んで設計。打面を叩いた時の振動をセンサーで拾ってローランドの電子ドラムやパーカッション音源に送り、和太鼓だけでなく各種パーカッションの音色を発音させる。

 打面の中央や端部、さらに「フチ」と呼ばれる外周部にセンサーを搭載し、担ぎ太鼓と同じ奏法や打感を実現。打面にはローランド独自のメッシュ素材を採用しているため演奏時の消音性に優れ、場所を選ばず練習できる。現在は試作段階だが、製品化に向けた研究開発を進めるという。

鼓童は佐渡を拠点に太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能を現代に展開する芸能集団

 8月19日に佐渡で開催されるイベント「アース・セレブレーション 2017」にて特別フリンジ・パフォーマンス「電子と原始」にて演奏を披露する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART