このページの本文へ

ネットギア、静音設計で全ポートPoE+給電対応のスマートスイッチ発表

2017年08月03日 17時20分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットギアジャパンは8月3日、静音設計で全ポートPoE+給電に対応した「GS724TP」を発表。スマートスイッチ・シリーズのラインナップに追加し、8月7日から販売する。

 冷却ファンを搭載するモデルながら、25度の環境下で32.4dBというホテル室内(31dB)と同等の静音設計を実現。また、全ポートPoE+給電に対応し、筐体全体で190Wの給電能力をサポートしている。 PoEデバイスの増加傾向にある病院、学校、公共施設、ホテルなどのネットワーク環境においても十分に対応できるとうたう。

 機器の設定、管理がウェブブラウザーから直接的にアクセスでき、IT専任者がいない環境でも簡単に運用することも可能とする。

 さらに従来機種と同様、ユーザーが使用している間はハードウェア製品保証が継続する「ライフタイム保証」の対象製品となるので、ネットワークの保守費用を大幅に節約できるという。

表面背面

 前面には、1000Base-Tポートが24基に、SFPポート2基を備える。本体サイズは幅440×奥行き204×高さ43mmで、重量はおよそ3.14kg。価格は9万9360円。

カテゴリートップへ