このページの本文へ

スクロールQ1は増収減益、純利益37%減…通販事業は好調

文●通販通信

2017年08月03日 05時36分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)スクロールが7月28日発表した2018年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上高が前年同期比1.3%増の155億3100万円、営業利益が同22.4%減の6億7400万円、純利益が同37.9%増の4億4000万円となった。

 同社は「総合通販」から「複合通販編」への変革を進めており、収益構造を明確にするために第1四半期から、これまで5つの区部だったセ部ネットを「通販事業」「eコマース事業」「健粧品事業」「ソリューション事業」の4つの区分に変更した。

「eコマース」「健粧品」など3事業で増収減益

 「通販事業」では、働く女性向け商材の媒体を発行しつつ、掲載商品数・ページ数を見直すなど、カタログ配布の効率化を図っている。戦略商品は多柄・多色・多サイズで展開するなど、商品企画力に注力してきた。同事業の売上高は同3.2%減の93億9900万円、セグメント利益は同16.9%増の5億5900万円となった。

 「eコマース事業」は、売上高が同8.9%増の29億7000万円、セグメント利益は同51.2%減の2100万円となった。ナショナルブランドの化粧品などのECサイトで、新たな海外仕入ルートを開拓するなど、商品力を強化。ブランドバッグなどのECサイトでは、LINEを活用して積極的な集客を図った。

 「健粧品事業」では、プライベートブランドの化粧品で、中国などへの海外展開に積極的に取り組んだ。国内では訪日顧客向けルート開拓を実施し、主力製品の『豆乳よーぐるとぱっく玉の輿』の累計販売個数は600万個を突破した。また、オーガニックコスメブランドを展開する(株)T&Mを買収した。同事業の売上高は同6.6%増の7億8800万円、セグメント利益は同72.2%減の7800万円となった。

 「ソリューション事業」は、売上高が同12.5%増の22億4500万円、セグメント利益は同1.9%減の9600万円となった。通販システムパッケージ「eシェルパモール」の販売促進を強化し、成約件数は順調に拡大している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング