このページの本文へ

1ドル≒146“自作円” 自作の相場はドル高傾向

12万円からの販売 Ryzen Threadripperの国内販売価格が発表

2017年08月01日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Ryzen Threadripper

 日本AMDは7月31日、ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」の国内販売価格と国内予約開始日を発表した。

 999米ドルとアナウンスされていた16コア/32スレッドの1950Xは15万7464円、799米ドルとの発表があった12コア/24スレッドの1920Xは12万5064円で、それぞれ販売される。国内予約開始は8月4日。なお、8コア/16スレッドの1900Xに関する国内販売情報は発表されていない(ワールドワイドのアナウンスでは価格が549米ドルで発売日が8月31日)。

 自作界隈では話題沸騰中のRyzen Threadripper。発売中のRyzenで使われているSocket AM4ではなく、一回り大きな「Socket TR4」を採用するなど、自作エンスージアストに照準を合わせたモデルとなっている。マザーボードはASRock、ASUS、Gigabyte、MSIから発表済み。

各モデルの概要
対応を表明しているマザーボードベンダー
パッケージの様子

■関連サイト

カテゴリートップへ