このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第45回

気分は古代のグラディエーター!

闘技場で激しい死闘を戦い抜く格闘VR「GORN」

2017年08月01日 17時30分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グロテスクさが際立つ格闘ゲーム「GORN」を紹介しよう。このゲームは闘技場の戦士となり、勝ち抜いていくゲームだ。VR格闘ゲームであればそれほど珍しくはないが、本作で非常に特徴的なのは痛いほど目を引くゴア要素(血液演出)だ。

 プレイヤーはあらゆる方法で敵を再起不能にするのが目標。素手で殴る、つかんで引きちぎる、武器を投げるなど敵を倒す方法は非常にレパートリーが多い。悩んでいるとすぐに倒されてしまうため得意な手段を覚えておこう。

 通常の打撃ではなかなかダメージを与えられない厄介な重装甲の鎧を着た敵も登場する。こん棒などの武器で攻撃すると鎧をはがせるが、油断するとカウンターを食らいやすいので注意が必要だ。

 ステージによっては遠距離で攻撃できる弓矢も使用可能。遠距離から一方的に攻撃できるが、威力はそれほどない。何本も矢が刺さっているにも関わらずこちらに向かってくる敵は非常に不気味に感じる。

 本作の特徴的なゴア表現はかなり細かく設定されており、慣れていない人には堪える内容だ。

 Steamでもリリースされてから人気が高い状態が続いている本作。武器や拳で殴ったときの感覚も現実に近いモノであり、完成度は非常に高い作品だ。

 ボス戦なども用意されており、ステージ数も多いため長く楽しめる。ゴア要素に耐えられるプレイヤーには非常にオススメのタイトルだ。

 ※本記事は暴力を推奨するものではありません。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事