このページの本文へ

外国人観光客の行動パターンや嗜好を詳細マップの上で可視化

NTT空間情報と訪日外国人動向解析サービスが提携、ビッグデータでインバウンド需要を可視化

2017年08月01日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
業務提携により「GEOSPACE」上で「「inbound insight」解析を行なうイメージ

 NTT空間情報は7月28日、訪日外国人動向解析サービスのナイトレイと業務提携を開始。詳細な地図データでの訪日外国人の動向の可視化が可能となる。

 NTT空間情報は網羅性の高い全国の空間情報コンテンツ「GEOSPACE」を提供しており、ナイトレイでは訪日外国人動向解析サービス「inbound insight(インバウンドインサイト)」を提供している。今回の業務提携により、SNS解析結果などから外国人観光客の行動ルートや嗜好を分析するサービスを詳細地図で上で分析・把握することが容易となり、より戦略的なマーケティングが可能となる。

 両社では、自治体や観光業、小売業、イベント企画などさまざまな分野へのマーケティングの立案・効果測定に提案するとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』