このページの本文へ

「パソコン工房 AKIBA STARTUP」で展示・販売

3万円台、小型でもインターフェース充実のデスクトップPC「LIVA Z」

2017年08月01日 12時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIVA Z」

 ユニットコムは7月28日にオープンした「パソコン工房 AKIBA STARTUP」で、手のひらサイズのデスクトップパソコン「LIVA Z」の展示・販売を開始すると発表した。

 LIVA Zは、およそ幅117×奥行128×高さ33mmとコンパクトなデスクトップパソコン。主なスペックは、Pentium N4200(1.1GHz)、インテル HD グラフィックス 505(CPU内蔵)、4GBメモリー、32GB eMMCなど。

 また、インターフェースは、USB 3.0端子×3、USB 3.0(Type-C)端子、HDMI端子、Mini DisplayPort、有線LAN端子×2、3.5mmコンボジャックと豊富なのも特徴だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用している。価格は3万2800円。

カテゴリートップへ