このページの本文へ

ほかのパソコンやゲーム機と接続すればディスプレーとしても使用可能

狭額ベゼルがカッコイイ! デル27型の一体型PCはインターフェースも充実

2017年07月29日 09時00分更新

文● 山口優 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デルの「New Inspiron 27 7000」

 デルからディスプレ一一体型デスクトップパソコン「New Inspiron 27 7000」が登場した。画面周囲の枠がほとんどないフレームレスディスプレーを採用しており、見た目が非常にスッキリしているのが特徴。しかも画面サイズが27型と大きく、動画コンテンツなどを臨場感たっぷりに楽しめる。今回、その実機を試せたので、外観や実際の使い勝手、パフォーマンスなどを3回にわたって紹介していこう。

上品で落ち着いたシルバーの筐体を採用

 デルの個人向けデスクトップは、自宅やホームオフィス向けの「Inspiron」、ハイエンド向けの「XPS」、ゲーミングパソコン「ALIENWARE」の3種類に大別できる。

 そのなかでも豊富なラインアップを持つのが「Inspiron」で、特に売れ筋のディスプレー一体型パソコンは数多くのモデルが用意されている。New Inspiron 27 7000は、その一体型パソコンの最上級シリーズに当たり、優れたデザイン性とパフォーマンスを備えている。直販サイトでは、New Inspiron 27 7000はCPUやディスプレーの解像度などの違いにより「プレミアム」、「プラチナ」、「スプレマシー・4K/VR」などのモデルに分かれている。用途や目的に合わせて選べるようになっているが、ここではそのうちもっともベーシックな構成の「プレミアム」モデルを紹介していこう。

 New Inspiron 27 7000を箱から取り出して、まず印象に残るのが画面周辺の枠の細さ。上辺と左右の枠の幅はわずか3mmしかない。ディスプレー周囲の非表示領域を含めても7mm程度。視界の邪魔になる枠が目立たないため、電源を入れて画面が表示されると、まるで画面が宙に浮いているかのように見える。

ベゼル幅はおよそ7mmと非常に細い

 ディスプレーは27型で、一体型パソコンのディスプレーとしては大きめ。ただし、フレームレスデザインのため本体幅や高さは抑えられており、机の上に設置しても威圧感はあまり感じない。奥行きもおよそ53mmとコンパクトなため、多少狭い机でも無理せずに設置が可能だ。ちなみにディスプレー部は高さの調節はできないが、上に30度、下に5度まで、角度を調節できる。

ディスプレーは上に30度、下に5度まで、角度を調節できる

 ディスプレー下部には、サブウーファー搭載の2.1ch スピーカーシステムとウェブカメラ、Windows Hello対応の赤外線カメラが内蔵されている。そのほかのインターフェース類は本体前面には搭載されておらず、シンプルで洗練されたデザインになっている。

ディスプレーの下部には、スピーカーとウェブカメラが搭載されている

 New Inspiron 27 7000の本体カラーは、ダークグレーに近いシルバー。デルはこのカラーを「マットシルバー」と呼んでいるが、実際はギラギラした感じが少なく、非常に落ち着いた雰囲気だ。

 デルの製品ページに掲載されている写真だとやや明るめのシルバーに見えるが、一般的な家庭の照明下だともう少し深い色に見える。視界に入っても気にならない色なので、動画を鑑賞する際なども画面に没入しやすいのがうれしい。

 付属するキーボードとマウスは、いずれもワイヤレス。Bluetoothではなく、専用の超小型USBレシーバーをパソコン本体に取り付けペアリングするタイプなので、USBポートをひとつふさいでしまうのが少々残念だ。直販サイトのCTOでは、Bluetooth LEにも対応した「KM717」を選択できるので、気になる人は検討してみるといいだろう。

付属するワイヤレスキーボードおよびマウス「KM636」

充実したインターフェースを搭載

 New Inspiron 27 7000の本体左側面には、SDカードスロットとUSB 3.1端子、ヘッドセット端子がそれぞれ1基搭載されている。USB端子は電源供給にも対応する。パソコン本体を動かさなくても手が届きやすい場所にあるので、一時的にスマートフォンをパソコンに接続したい場合などに便利だ。

本体左側面には、SDカードスロットとUSB 3.1端子、ヘッドセット端子が搭載されている

 本体背面には、HDMI入力端子、HDMI出力端子、USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.1端子×3、USB 2.0端子×2が搭載されている。HDMI入力があるため、ほかのパソコンやゲーム機などと接続して、New Inspiron 27 7000を単体のディスプレーのように使うことも可能だ。

本体背面には、HDMI入力端子、HDMI出力端子、USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.1端子×3、USB 2.0端子×2を備える

 ちなみに、ディスプレーのベゼル底面右端には、電源ボタンと入力ソース選択ボタンが搭載されており、ほかのパソコンやゲーム機などを接続した場合は、入力ソース選択ボタンを押せば画面を切り替えて表示できる。

 本体底面には、電源アダプター、有線LAN端子、オーディオ出力端子などが配置されている。合計6基の標準サイズのUSB端子や、HDMI入出力端子が搭載されており、一体型パソコンとしてはかなり充実したインターフェースだといえるだろう。

本体底面には、電源アダプター、有線LAN端子、オーディオ出力端子などを配置

 フレームレスディスプレーに充実したインターフェースを備えたデルNew Inspiron 27 7000。今回は外観を中心に紹介したが、次回は実際の使い勝手をチェックしていこう。

試用機の主なスペック
製品名 New Inspiron 27 7000(プレミアム)
CPU AMD Ryzen 5 1400 プロセッサー(4C/8T、10MB キャッシュ、3.4 GHz Precision ブースト)
グラフィックス AMD Radeon RX 560
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ
ディスプレー 27型ワイド(1920×1080ドット)
インターフェース USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.1端子×4、USB 2.0端子×2、HDMI入力端子、HDMI出力端子、有線LAN(10/100/1000イーサネット)端子、ヘッドフォン/マイク端子、オーディオライン出力端子、SDカードスロットなど
サイズ/質量 およそ幅613.8×奥行53×高さ454.1mm/約10.1kg
OS Windows 10 Home 64bit

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー