このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第19回

PDFに入力欄を設ける方法

フォーム機能でPDFに文字入力できるようにしてみる

2017年08月02日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第19回は、フォーム機能でPDFに文字入力できるようにしてみる。

PDFにフォーム(=入力欄)を作成する方法

 「Acrobat DC」にはフォームを作成する機能がある。たとえば、申込書の場合は氏名や住所などを入力したり、選択肢にチェックして欲しいことがある。そんな時、「Acrobat DC」が搭載しているPDFの編集機能を使うのではなく、誰でも利用できる入力欄を用意することができるのだ。さらに、「Acrobat DC」だけでなく、無料の「Acrobat Reader DC」でもフォームに入力することが可能。申込書を送り返してもらうときに、スキャンしたりFAXしてもらわず、メールで済むのでお互いに手間が省けるのだ。

 「Word」や「Excel」で申込用紙やアンケート用紙を作成したら、「Acrobat DC」の「ツール」→「フォームを準備」から読み込む。すると、自動的にフォームを認識し、追加してくれる。今回は、完璧に認識してくれたのでそのまま保存。別のPCのPDF閲覧アプリ「Acrobat Reader DC」で開いてみる。すると、フォーム部分が薄い紫で表示され、クリックすると入力できるようになっている。

WordやExcelで文書を作成する
Acrobat DCを開き、「ツール」から「フォームを準備」をクリックする
「ファイルを選択」をクリックして、Word文書を選択する
「開始」をクリックする
初期設定でフォームの自動認識機能が有効になっているので、しばらく待つ
文書がPDFファイルとして開き、フォームが自動的に付けられている
チェックボックスも自動的に分析され、追加されている
PDFファイルをこのまま保存する
「Acrobat Reader DC」でそのファイルを開いてみる。アドビIDでサインインする必要もない

フォームに日本語入力ができなかった場合

 「Acrobat Reader DC」でフォームに入力する際、日本語入力が有効にならず、半角英数字だけしか入力できないことがある。この場合は設定を変更する。「Acrobat Reader DC」の「編集」メニューから「環境設定」を開き、「分類」から「セキュリティ(拡張)」をクリック。右側の「サンドボックスによる保護」の「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを外し「OK」をクリック。手動でアプリを終了し、もう一度起動し、フォーム付きのPDFファイルを開けば、日本語入力できるようになる。

 入力したら保存できる。もちろん、保存したPDFファイルを開けば、入力済みの文字列も再表示される。ちなみに、「Adobe Reader X」もしくはそれより前のバージョンでは、フォームに入力してもファイルを保存できない。最新の「Acrobat Reader DC」にアップグレードしておこう。

「セキュリティ(拡張)」設定画面で「起動時に保護モードを有効にする」のチェックを外す
アプリを手動で再起動する
フリーソフトの「Acrobat Reader DC」でもフォームを入力できる
チェックボックスもきちんと動作する。もちろん、PDFを保存することもできる

フォームを検出できなかったら手動で設定

 フォームをきちんと検出できなかった場合は、手動で設定する必要がある。試しに、自動検出機能をオフにして文書を読み込んでみよう。Word文書は性格にPDFファイルに変換され、入力欄は残っているが、もちろんフォームになっていないのでクリックしても入力できない。

 「フォームを準備」ツールバーから設置したいフォームボタンをクリックし、その場所をクリック。その後、サイズを調整すればいい。複数の項目がある場合もざっくりでOK。右側の「整列」や「サイズに合わる」といったボタンで、複数のフォームの位置やサイズを手軽に揃えられるのだ。

 なお、テキストボックスやチェックボックス以外に、複数の選択肢から1つを選ぶラジオボタンや、リストボックス、ドロップダウンメニュー、日付フィールド、署名フィールドなども選べる。

「環境設定」の「フォーム」→「一般」→「フォームフィールドを自動的に検出」をあえてオフにする
Word文書を読み込み、ツールバーからテキストボックスを選択する
入力させたいところをクリックするとフォームを設置できる
フォームのサイズを変更する
必要な分だけ設置する
整列させたいフォームを選択し、右側のボタンでサイズを合わせたり位置を調整する
チェックボックスを選択する
デフォルトのサイズが大きいが、まずは配置してからサイズを一気に合わせられる

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事