このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第44回

スマホアプリ「Final Kick」とも連携する

大舞台でゴールキーパーに! VRでスポーツするならオススメの「Final Soccer VR」

2017年07月28日 12時00分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのはサッカーのゴールキーパーになれるVRスポーツゲーム「Final Soccer VR」だ。再現度は非常に高く、ゲームをやっているとは思えないほどの没入感を誇っている。

 プレイヤーは巨大なスタジアムに立ち、サッカー選手たちからのシュートを止めていく。雰囲気はまさにリアルで緊張感のあるプレイが体験できる。

 シュートはさまざまなところに打ち込まれるため臨機応変に対応する必要がある。手とボールの判定がシビアなのでしっかりとボール目がけて防ぎにいかなければならない。

 またゴール前も広いため、ボールの軌道を読まなければゴールは守れない。おそらくここで練習すれば現実でもゴールキーパーとして活躍できるのではないかと思うほど再現度が高い。

 また砲台から打ち出されるボールからゴールを守るモードも搭載されている。このモードでは、スローモーションや手を大きくするなどのボーナスも利用可能だ。レベルは150まで用意されているため、長くプレイできる。

 足にVIVEトラッカーをつければ、シュートを打てるモードも楽しめる。的に当ててゴールできれば高得点も狙える。VIVEトラッカーがなくてもこのモードはプレイできるが、VIVEコントローラーでプレイするのは少々難しい。

 2000万以上ダウンロードされている無料スマホゲームの「Final Kick」との連携もでき、シュートを打ってくるスマホユーザーからリアルタイムにゴールを守って遊べる。

 没入感が非常に高く、VRで運動したい方には非常におすすめのゲーム。しかし突き詰めればひたすらゴールを守るだけのゲームであるため、単調で飽きてしまうコンテンツでもある。

 また、忠実過ぎるため運動が苦手な人にはチュートリアルすら難易度が高いと感じるだろう。運動音痴な筆者はチュートリアルでボールを3回止めるのですら苦労をした。

 動きが少ないVRゲームで物足りなさを感じるスポーティーなプレイヤーにはぜひ遊んでほしいタイトルである。またFinal Soccer VRは非常に激しく動くゲームであるため、プレイする際には広いスペースの確保が必要だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事