このページの本文へ

通常の耳栓ではブロックしきれない騒音も減少

アクティブノイズキャンセル耳栓、パソコン工房 AKIBA STARTUPで10%オフで販売

2017年07月26日 21時15分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「QuietOn」

 ユニットコムは7月28日にオープン予定の「パソコン工房 AKIBA STARTUP」で、QuietOnのアクティブノイズキャンセル付き耳栓「QuietOn」の展示・試用・販売を開始すると発表した。

 QuietOnは、米国のクラウドファンディング「indiegogo」で約136万ドル(日本円で約1億5000万円)、国内クラウドファンディング「Makuake」で約470万円の支援を達成した耳栓。通常の耳栓ではブロックしきれない騒音を、耳に装着するイヤーチップでノイズを遮断するパッシブノイズキャンセルに、アクティブノイズキャンセルを組み合わせることで減少している。

 アクティブノイズキャンセルは、低周波騒音と呼ばれる飛行機のエンジン音、交通騒音、室内のエアコン音などを減少するのに効果的という。また、QuietOnのイヤーチップ部分で確実に耳穴をふさいでいるので遠くから聞こえくるように感じ、飛行機内や駅でのアナウンスや目覚まし音は聞き逃さないとしている。

 駆動時間は1回の充電で最大50時間。キャリーケース、充電用microUSBケーブル、COMPLY製イヤーチップ1セット(右・左)、シリコン製イヤーチップ大サイズ1セット(右・左)、小サイズ1セット(右・左)が同梱する。価格は2万4979円だが、パソコン工房 AKIBA STARTUPでは出展記念特別価格の2万2481円(10%オフ)で販売する。展示期間は7月28日から8月31日まで。

カテゴリートップへ