このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート第5回

Xperia XZ Premiumの動画撮影機能はやっぱりスゴかった!!

2017年07月31日 12時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Xperia XZ Premium(SO-04J)」は動画撮影機能も強化されているのがポイント。特に注目なのが新しいメモリー積層型イメージセンサー搭載により可能となった「スーパースローモーション」です。

撮影中の動画の一部をスーパースローで録画できる

 スーパースローモーションは1秒間960コマの映像が撮影できる機能。といっても全編スーパースローモーションで撮影できるのはなく、通常の動画撮影時に画面上のボタンをタップすると、そこから約0.2秒のスーパースローモーションで撮影できるというもの。この0.2秒の部分は6秒間のスロー動画になる。

スーパースローモーションのモードで撮影をスタートして、スローにしたいタイミングで画面右中央のアイコンをタップする

 目では追えない噴水から落ちる水しぶきの動きがはっきりわかる

 スーパースローモーションは1回で約0.2秒ほどの長さですが、メモリー積層型液晶のバッファさえクリアされれば、1本の動画の中で何回も録画可能です。使い方によっては「衝撃の瞬間」など楽しい映像が撮れそうです。

動画でも色合いや明るさの調整は可能

 さらに5軸手ブレ補正の「インテリジェントアクティブモード」も秀逸。ためしに手持ちで歩きながら街並みを録画してみましたが、ひどい手ぶれは感じられず、ジンバルでも使っているかのような滑らかな映像でした。

 歩きながらカメラを動かして撮影しても滑らか

このように手持ちで持っても5軸手ブレ補正のおかげで、安定して撮れるインテリジェントアクティブモードは設定でオフにもできる

 Xperia XZ PremiumはDVカメラとしてもかなり満足して使えるモデルに仕上がっていますね。

 ただ動画を撮影していると、40分くらい撮影したところで止まってしまいます。なぜかと調べて見たところ、Xperia XZ Premiumに装着したmicroSDのフォーマット形式がFATだったためのようです。FAT形式の古いmicroSDをそのまま使い回していました。FAT形式の場合、ファイルサイズが4GBまでしか取り扱いできません。そのためXperiaでは撮影データがそのサイズが3.8GBになると自動で録画をストップしてしまうというわけです。

録画中にカメラアプリが落ちて録画が勝手に止まってしまう録画データをみてみると、3.8GBになっていた

 そこで、microSDをFAT形式ではなくexFAT形式でフォーマットしてみると、1時間を越えてデータサイズが4GB以上の長時間録画ができました。

 exFAT形式でのフォーマットはPCから行ないます。Xperia XZ Premiumでフォーマットしてもファイル形式は変わらないので注意。ただし、フォーマットしてしまうとデータは消えてしまうので事前のバックアップは必須です。

ちなみに、内蔵メモリーなら4GBを越えた録画も問題なし

 内蔵ストレージへの保存でも長時間録画はできますが、ビデオの動画データはサイズが大きいのでmicroSDに保存しておきたいところ。古いmicroSDを使い回しているユーザーは一度チェックしてみましょう!

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART