このページの本文へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

2台のDroboでデータを自動でバックアップする「Drobo DR」紹介

Drobo 5N2でディザスタリカバリー

2017年07月31日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DroboDRの有効化

 名前を変更したDrobo 5N2の再起動が完了した状態で、あらためてDrobo Dashboardを眺めてみると、左ペインの項目に「DroboDR」という項目が追加されていることに気づく。「すべてのDrobo」が表示されている画面で、Drobo 5N2のいずれかを選択した状態だと、DroboDRが表示されるみたいだ。

Drobo DR対応機種が選択されていると、左ペインに「DroboDR」の項目が追加される

 難しいことは考えずに、とりあえずクリックしてみる。するとDroboDRモードというものが表示される。Droboユーザーになってから久しいが、この画面は初めて見た! 当然だが、現時点ではDroboDRモードは無効になっている。

DroboDRモードの画面。今は無効になっている

 これまた難しいことは考えずに「DroboDRのセットアップ」をクリックだ。次の画面で選べるのは、以下の2項目だ。

・ソースとして同期
・ターゲットとして

DroboDRのセットアップ画面(macOS)

 むむ? 今回はここまでmacOS版のDrobo Dashboardを使っていたが、文字があふれるなど表示がちょっと怪しい。ということで、ここから先はWindows版のDrobo Dashboardでスクショを撮ることに。

Windowsで確認を

 同じ画面をWindows版Drobo Dashboardで表示してみると、項目名は以下のようになっていた。

・ソースとして同期化
・ターゲットとして同期化

DroboDRのセットアップ画面(Windows 10)

 まずは「ソースとして同期化」して、Drobo DRで同期する元(ソース)となるDrobo5N2の設定を進めていく。Drobo本体に設定したadmin用のパスワードを入力し、「IP設定」の欄には「(ターゲットDroboの検索に使用されます)」と注意書きがあるので、同期のターゲットとなるDroboのIPアドレスを指定する。

 「スケジュール」の欄は、デフォルトだと毎日夜中のゼロ時に同期されるようになっている。必要に応じて、更新の頻度やタイミングを変更すると良いだろう。

 続いてDrobo5N2subの設定だ。「ターゲットとして同期化」を選ぶと、以下のようなダイアログが表示される。

「ターゲットとして同期化」を選択すると表示されるウォーニング

 このウォーニングは、「同期のターゲットとして使用されるので、すでにデータ保存先として使用している場合は、そのデータが上書きされるかも?」ということだ。実際には、同期を開始する前にターゲットとなるDrobo上のデータは全消しされる。つまり「かも」ではなく、確実に消える。

 既にデータ保存先として使用していたDroboをDroboDRのターゲットとする場合は、必要なデータは別途保存しておこう。

 「ターゲットとして同期化」の設定項目はパスワードのみで、IPアドレスの指定やスケジュールの項目はグレイアウトしている。同期するDroboのパスワードは同じにしておく必要があるようだ。

同期のターゲット側に必要な設定はパスワードのみ

 OKボタンをクリックした後、機種名などの下あたりに「ターゲットとして同期化」と表示されていれば設定は成功だ。


 

(次ページ、「DroboDRの設定完了!」に続く)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART