このページの本文へ

あきらめず果敢に挑戦しながら成長する姿に想いを重ねる

東芝、dynabookシリーズなどのイメージキャラクターに有村架純さん

2017年07月20日 12時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
NHK連続テレビ小説「あまちゃん」では主人公母親役の幼少期として出演。近年人気を博す有村架純さん

 東芝クライアントソリューションは7月20日、PC製品「dynabook」シリーズをはじめとした広告のイメージキャラクターに有村架純さんを起用すると発表した。8月から広告や店頭を通して順次展開する。

 有村架純さんは1993年2月13日生まれの兵庫県出身、4月から放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」や2015年の映画「ビリギャル」で主演する実力派若手女優。同社グループのパーソナルストレージ製品や、レグザシリーズでも広告イメージキャラクターを務めており、世代や性別を超えて愛されるキャラクター性がdynabookの「品質の高さ」「スマートさ」「親しみやすさ」といったイメージを伝えるのに相応しいとして、今回の起用が決定した。

 同社では「ドラマや映画の様々な役の中で、あきらめず果敢に挑戦しながら成長を遂げていく有村架純さんの姿に、当社の想いを重ねています」としている。

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー