このページの本文へ

EDMに最適のパーリーイヤフォン登場

2017年07月19日 15時35分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは7月18日、EDM(Electronic Dance Music)を聴くのに最適な状態にチューニングされたEDM PARTYステレオヘッドフォン「EHP-CN500Aシリーズ」を発表した。価格はオープンプライスで、7月下旬から発売する。

 EDMの特長であるシンセサイザーやミュージックシーケンサーを使ったエレクトリックなサウンドをクリアかつダイナミックな高音質で再生できるというイヤフォン。

 直径8.8mmのダイナミックドライバーを搭載し、コンパクトながら明瞭感のある高域と、透明度のある中域、豊かな低域を実現しているとうたう。また、振動板に6.0ミクロンのPETフィルムを採用することで、レスポンスのいい音を再現したという。

 さらに軽量なCCAWボイスコイルにより、振動のレスポンスを向上させ、よりワイドレンジでクリアな音質を実現。高磁力のネオジムマグネットで、ダイナミックでキレのある低音が聴けるという。

 ケーブルには、踊りながらEDMを楽しんでも断線しにくい高耐久ツイストシースケーブルを採用した。

 コードの長さは1.2mで、重量はおよそ11g。密閉型の耳栓タイプで、インピーダンスは16Ω、音圧感度は90dB/mW、最大入力は5mW、再生周波数帯域は20Hz~20kHz、プラグはφ3.5mm 3極ミニプラグ(L型)、イヤーキャップ(XS/S/M/L)が付属する。

 カラーはパーティー・ブラック、パーティー・ブルー、パーティー・アーミーグリーン、パーティー・オレンジ、パーティー・ピンク、パーティー・ホワイトを用意。

■関連サイト

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース