このページの本文へ

先々の使い方も大きく広がる性能

Core i7-7700HQ搭載の富士通15.6型ノートPCは仕事も映画鑑賞も快適

2017年07月14日 09時00分更新

文● 周防克弥 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「LIFEBOOK WA3/B1」

 富士通 WEB MARTで販売中の「LIFEBOOK WA3/B1」は、CPUに最新の第7世代Coreプロセッサー(開発コードネーム「Kaby Lake」)を採用するノートパソコンだ。スタンダードなノートパソコンでは、電力と発熱量の兼ね合いで低電力版である「Core i7-7600U」などを採用する機種が多いが、LIFEBOOK WA3/B1はハイスペックな「Core i7-7700HQ(2.8GHz)」を採用しているのが特徴だ。

本体サイズはおよそ幅378×奥行256×高さ27.4mm、質量は約2.5kg。持ち運ぶにはあまり向いてないが、持って歩けないほどでもない。スペックの低い13型のモバイルノートを使うよりも快適な作業が可能な点は考慮しておきたい
トップカバーは艶のある黒一色

 Core i7-7700HQはGPUと組み合わされてゲーミングパソコンで採用されることが多い。LIFEBOOK WA3/B1ではGPUは採用されておらず、内蔵GPUのインテル HD グラフィックス 630を利用することになるが、その分電力消費がおさえられ、ACアダプターも大きくならず持ち運ぶ場合にも有利になっている。

 GPUがCPU内蔵とはいえ、最新の3Dゲームなどをするのでなければ性能は十分で、ブラウザゲームを2つ3つ同時に立ち上げながら動画を見たり、2000万画素クラスのデジカメ画像の現像やレタッチでも、快適とまでは言えないが速度的な不満は感じない。書類作成やウェブでの資料確認などの事務的な作業ならば、動作にはまったく問題はない。

 今回試用できたLIFEBOOK WA3/B1には8GBメモリーが搭載されおり、いくつかのソフトを同時に立ち上げても動作に不満は感じなかった。またストレージは512GB SSDで、パソコンの起動時間も早く、起動を待つという感覚を感じることはなかった。

キーボードは一般的な108配列。フルキーとテンキーの間にスペースがあるのはうれしい。ほかの15型ノートでもテンキーがついているのは一般的だが、フルキーとテンキーの隙間があるのは珍しい。隙間がなくつながっているキーボードは、正直言って使いにくいので、隙間のある点は評価したい。キータッチは軽くて深い感じ。打鍵音はちょっと気になるが、入力される境目が指先でしっかり確認できて打ちやすい
パームレストにはNFCが備わる

 ディスプレーは、オプションで追加できるタッチパネルが採用されていた。タッチ対応、非対応に関わらず、表示解像度は1920x1080ドット。タッチ対応のディスプレー「フルフラットファインパネル」は、高輝度・高色純度・広視野角が特徴で、とくに色の再現性はかなり高い印象だった。

 表面は艶のあるグレアタイプなので、明るい場所や屋外では反射がちょっと目立ってしまうが、グレアガラスならではの黒の締まりと発色の鮮やかさはそれ以上に価値がある。

 LIFEBOOK WA3/B1は光学ドライブを搭載しており、ブルーレイとDVDを観ることができるが、映画や動画等はノングレアディスプレーで見るよりもグレアタイプのディスプレーで見たほうが確実にキレイに見れるのでオススメだ。

スピーカーは、オンキョー製でキーボード上部左右に備わっている。ハイレゾ音源対応となっているが、音質はノートパソコンとしては良いほうだが、低音の迫力不足があり、こもった感じもある。音の広がりは狭いところから拡散される感じで、広がり感は少なめな気がした
右側には光学ドライブを内蔵。Blu-ray、DVDの再生や記録が可能だ

 15型ノートは汎用性が高く、持ち運びができないこともなく、家に置いておいても好きな場所に移動して使えて、使わない時にはしまっておける利便性の高いノートパソコンだ。

180度までは開かないが、かなりディスプレーは開く。ディスプレーを開けると本体のヒンジ側が少し浮くようになって、キーボードに傾斜がつく。また底面に隙間ができるので排熱にも効果がありそうだ
右側にはSDカードスロットとUSB 2.0端子、光学ドライブを配置。ACアダプターのコネクタも右側だ
左側側面には有線LAN端子、HDMI出力端子、USB 3.1端子、USB 3.0端子×2、ヘッドホン端子を配置。USB 3.1端子はTypeCポートだがUSB Power Deliveryには未対応

 手軽な作業しか考えないで、安価なロースペックのモバイルノートを購入して後々処理の面で困ることは多々あるが、LIFEBOOK WA3/B1ならCPU性能も高いので、多少ならゲームや処理も難なくこなせて、先々の使い方も大きく広がるだろう。また個人的にはマウスが付属している点も大きな評価点だ。

試用機の主なスペック
機種名 LIFEBOOK WA3/B1
CPU Core i7-7700HQ(2.8GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 630
メモリー 8GB
ストレージ 約512GB SSD
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、フルフラットファインパネル、タッチ対応
内蔵ドライブ Blu-rya Discドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.1(Type-C)端子、USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、HDMI出力端子、有線LAN端子
サイズ/重量 およそ幅378×奥行256×高さ24.7~26.4mm/約2.3kg
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 18万8784円から(クーポン適用で15万4802円から)

■関連サイト

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通