このページの本文へ

高所作業や夜間警備、災害時の人命救助、動物などの生態調査に役立つ

プレデターが現実に? ウェアラブルな赤外線スカウターが登場

2017年07月13日 15時00分更新

文● アカザー 編集●南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 産業用ドローンを発売するスカイロボットは7月5日、世界初の赤外線サーモグラフィーカメラ搭載スカウター「Boson/スカイスカウターIR」(以下スカイスカウターIR)を発表した。8月上旬発売予定で、価格は税抜39万5000円。

頭部装着型の赤外線カメラ搭載スカウター

 スカイスカウターIRは本体285gと軽量で、頭部に装着することで視線の先にある対象物を赤外線で解析し、左目の前に装着された解像度1280×780ドットの小型ディスプレーに表示するもの。最大の特徴はウェアラブル化により、ハンズフリーで作業できる点だ。

左が赤外線カメラで、右が小型ディスプレー
光や煙などに幻惑されることなく対象物を確認できる車のバックミラーを見るような感じで使用する

 スカイロボット代表取締役の貝應 大介氏によると、使用用途としては高所作業や夜間の警備、災害時の人命救助、動物などの生態調査などに有用性が見込まれるとのこと。

さまざまなシーンでの使用を想定
貝應 大介氏は2014年にスカイロボット社を設立し、ドローンを使った事業を展開してきた
左が通常のカメラで、右が赤外線カメラで撮影したもの

超小型赤外線カメラがウェラブル化を実現

 スカイスカウターIRに搭載される赤外線カメラには、大手サーモグラフィーメーカーFLIR Systemsが開発した超小型赤外線カメラ「Boson」を使用。

レンズは使用用途に合わせて交換可能

 Bosonの重さは7.5gで1円玉サイズにもかかわらず、CPUを内蔵しており毎秒60フレームの赤外線画像撮影が可能。-40度から+80度の幅広い温度環境下でも使用できるとのこと。スカイロボット社はBosonのアジア総販売代理店も務める。

毎秒60フレームの高速撮影に対応し、ドローンなどへの搭載にも向く

 操作には“クリッカー”と呼ばれる指に装着するコントローラーを使用する。このクリッカーにより使用者や環境に合わせて8種類の表示モードの切り替えや、動画や静止画の録画撮影のオン/オフ操作などが可能。

指に装着できるので両手が自由に使える利点もある
サーモグラフィーの表示モードは8種類

 スカイスカウターIRは赤外線カメラ付きヘッドマウントディスプレー「スカウター SR-200」、指先に付けて操作するクリッカー「400-MA077」、それらを統括するスティックPC「DG-STK3」で構成される。

それぞれを頭部と腰、指に装着して使用する

 スカウター SR-200は頭部に装着する単眼ディスプレーと赤外線カメラ、それらを駆動するバッテリーを内蔵したコントローラーから構成され、約4時間の駆動が可能とのこと。

コントローラーでは電源のオン/オフやディスプレーの光度調整などが可能

 DG-STK3はCPUにインテルのAtom Z3735F (クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)を搭載し、OSにはWindows 10 Home(32bit版)を採用。接続端子はUSBやHDMIなど。これらに加えて専用の再生・赤外線解析ソフトも付属する。

ほかの機器とはHDMIやUSBで接続する

 記者発表会で貝應氏は「セキュリティー関連企業だけでなく、警察や消防署などにも提案していきたい。また、高所作業でのインフラ整備用なども含めて、初年度国内でのスカイスカウターIR販売予定台数は1000台ほどを考えている。また、Bosonを搭載したより小型の作業用ドローンも開発している」と、市場へ訴求や新製品の開発に意欲を見せていた。

スカイロボットの貝應 大介社長(右から2人目)と、Bosonを提供するFLIR Systemsアジア統括ディレクターのグレッグ・ナグラー氏(右から3人目)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART