このページの本文へ

他社製PCや自作PCも対象

ドスパラ、九州北部豪雨被害に対する特別修理サービスを発表

2017年07月10日 13時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドスパラは7月7日、九州北部豪雨によるPC損害の修理に対して、特別料金のサポートサービス提供を発表した。

 内閣府発表の災害救助法適用地域に在住する個人のユーザーを対象とするサービス。保証期間の内外にかかわらず、診断料や基本修理料金といった修理に関わる技術料を無償とし、部品代の実費のみでの修理を請け負う。

 修理は同社が販売するBTO製品のほか、他社製PCや自作PCに関しても対象とするという。受付期間は2017年9月10日21時まで。

 サービスの申し込みはデジノスサポートセンター(03-4332-9193 または 0570-028-119)から。受付時間は9時から21時までで、発送方法などに関しては問い合わせ時に通知する。

 なお同社では、破損が著しい物や部品が欠損している物に関しては、修理できないものもあるとするほか、被災地の状況によっては運送会社が集荷できない場合があるとしている。

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ