このページの本文へ

サークルK・サンクスが「Tポイント」開始…楽天SPは終了

文●通販通信

2017年07月06日 09時23分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

(株)ファミリーマートは8月1日、「サークルK」と「サンクス」の店舗で共通ポイントサービス「Tポイント」のサービス提供を開始する。現在同店舗で利用できる「楽天スーパーポイント」は、9月30日でサービスを終了する。

約1万8000店のデータを活用し最適なサービスを提供

 ファミリーマートでは2007年から「ファミマTカード」を発行。同カードの会員数は1200万人で、T会員数は全体で6300万人に上る。今回のTポイントサービス開始により、T会員は利便性が向上し、同社は約1万8000店のデータを活用し、個々の会員に最適なアプローチを図る。また、地域特性や利用者の嗜好、ライフスタイルに合わせ、きめ細やかなサービスを提供する。

 Tポイントのサービス開始を記念し、1日からサークルK・サンクス店舗でTカードを提示して買い物をすると、Tポイントが抽選であたる「Tポイントスタート記念キャンペーン」(10月2日まで)と、専用サイトでくじを引いた人を対象に、抽選でTポイントなどが毎日当たる「ファミリーマート・サークルK・サンクス合同くじ!」(8月28日まで)を開催する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング