このページの本文へ

NTT Com、NTTPC、Rancher Labsが協業 企業向けコンテナサービスの提供へ

2017年07月07日 06時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)、NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)、Rancher Labsは7月6日、企業向けコンテナサービスの提供に関する協業に合意した。

 NTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」のメニューとして、10月から大規模企業向けに閉域網で接続可能なプライベートコンテナサービスの提供を開始する予定。また年内に、NTTPCのクラウドサービス「WebARENA」のメニューとして、中堅・中小企業向けパブリックコンテナサービスも開始するという。

 協業により、Rancher Labsが提供するDockerコンテナ管理ソフトウェア「Rancher」を利用し、Dockerコンテナおよびホストの監視など、容易に管理・運用できるようになる。

 さらに、Rancherコミュニティーが提供するカタログを利用して複数コンテナから構成されるシステムを構築可能。また、ユーザーが作成したコンテナやシステム構成をカタログ化して、容易にシステムの複製・復元ができるという。

 Rancherを活用したDockerコンテナサービスをクラウド提供することで、企業は迅速かつ簡単にセキュアなコンテナ環境を実現できるとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ