このページの本文へ

東芝、Core i5-7200U搭載13.3型モバイルノート「dynabook RX73」を発表

2017年07月06日 14時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プラチナホワイト

 東芝クライアントソリューションは7月6日、13.3型ノートPC「dynabook RX73」を発表した。

 第7世代のインテルCoreプロセッサーを搭載するモバイルノート。構成違いの3モデルをリリースし、それぞれグラファイトブラックとプラチナホワイトの2色をラインアップする。各モデルの主な構成と価格は以下の通り。

グラファイトブラック
  • RX73/DWR、RX73/DBR:Core i5-7200U、Windows 10 Creators Update、13.3型ディスプレー(1920×1080ドット)、8GBメモリー、512GB SSD、IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Blu-rayディスクドライブ、サイズおよそ幅316×奥行き229×高さ21.4mm、重量およそ1.35/1.32kg、実売価格21万円台半ば

  • RX73/DWP、RX73/DBP:Core i5-7200U、Windows 10 Creators Update、13.3型ディスプレー(1920×1080ドット)、4GBメモリー、256GB SSD、IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Blu-rayディスクドライブ、サイズおよそ幅316×奥行き229×高さ21.4mm、重量およそ1.35/1.32kg、実売価格19万円台半ば

  • RX73/DWQ、RX73/DBQ:Core i3-7100U、Windows 10 Creators Update、13.3型ディスプレー(1920×1080ドット)、4GBメモリー、1TB HDD、IEEE 802.11ac/a/b/g/n、DVDスーパーマルチドライブ、サイズおよそ幅316×奥行き229×高さ21.4mm、重量およそ1.44/1.41kg、実売価格17万円台前半
  • カテゴリートップへ

    東芝ダイレクト

    インテルバナー