このページの本文へ

仕事の効率を限界まで高める「ディープ・ワーク」を実践する7つの習慣

2017年07月05日 15時06分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

「FacebookやSlackの通知は止める」「朝にメールは見ない」。「ディープ・ワーク」の考え方を取り入れれば、仕事の効率をぐっと引き上げ、短時間で成果を出すことができます。

忙しいときは時間管理がうまくできず、たいてい失敗します。ディープ・ワークなら、気が散るものを取り除き、集中力を上げ、仕事を早く終わらせることができます。思いがけずできた時間を何に使いましょうか。

大事なことに集中する:気が散るものだらけの世界で生産性を最大化する科学的方法』の著者Cal Newportは数年前にマサチューセッツ工科大学で博士号を取得しました。ジョージ大学の教授でもあり、書籍4冊と多くの研究論文を提出していますが、毎日17時半にはオフィスを出て週末はほとんど仕事をしません。既婚者で2人の子供の父親でもあります。

私はミュージシャンであり、ソフトウェアの開発者であり、起業家でもあります。最近はオンラインメディアに寄稿もしています。語学やダンスなど新しいことを学び、運動しながら、すべての目標を達成しようとしています。「ディープ・ワーク」を実践してから、これまでにないほど時間を有効活用できるようになったと感じます。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く