このページの本文へ

今週の週アス ― 第53回

Android 7.0内蔵のプロジェクターも出た

スマホの枠を超えて進化する「Xperia」の最新事情!

2017年07月04日 17時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月4日発売の週刊アスキー電子版 1133号は特集『日本で一番売れているAndroidスマホのいまがわかる Xperia完全理解』を掲載。Androidスマホとして人気を博しているソニーモバイルの「Xperia」。今日に至るまで強力なエンタメ機として進化を続けている一方で、スマホの枠を超えた新しい製品に生まれ変わろうとしています。

 特集では、4K HDR対応機やAndroid内蔵スマートプロダクトも登場したXperiaの最新事情を一挙解説! 以下、本文からちょっとだけ抜粋して、特集内容をお見せします。

スマートフォンはインテリジェント機能とカメラ推し

 Xperiaスマホの'17年夏モデルの最大のトピックはなんといっても「カメラ」だ。カメラセンサーを同社製のメモリー積層型CMOSセンサーをスマホとしては世界で初めて搭載。先読み撮影やスーパースローモーション撮影など、メモリー積層型が得意とする高速な記録速度を生かした新機能を搭載している。

 また、「Xシリーズ」から搭載しているインテリジェント機能も強化。とくにバッテリー周りでは、使用状況を学習して「STAMINAモード」をオンにすべきタイミングを通知してくれたり、バッテリー寿命を延ばす「いたわり充電」がアラーム設定と連携するなど、より実用的になったと言える。

国内唯一の4K HDR対応機
Xperia XZ Premium

Xperia XZ Premium

 '15年冬モデル「Xperia Z5 Premium SO-03H」以来となる4K解像度(2160×3840ドット)ディスプレーを搭載するプレミアムモデル。Z5 Premiumと同様に、実際に4K画質で表示されるのはプリインストールのアルバムやムービーアプリ、YouTubeなどを利用したときに限られる。ただし、XZ Premiumでは精細かつ従来より豊かな色彩を楽しめる4K HDRコンテンツの再生に対応。コンテンツはdTVやAmazonプライム・ビデオ、ひかりTVなどで配信される。

 デザインは'16年冬モデルである「Xperia XZ」がベースだが、光沢のあるカラバリを用意し、まさにプレミアム端末にふさわしい形となっている。なお、グローバルではピンクも登場したが、国内では現状2色のみの展開だ。

定額動画配信サービス「dTV」などで、4K HDR仕様の映画が楽しめるカラーはディープシーブラックとルミナスクローム。2色ともに筐体は鏡面仕様。ディープシーブラックはほのかに青味をおびている

●ドコモ ●発売中
●一括購入額 9万3960円/実質負担額 4万5360円

スマートフォンの次を狙う新しいXperia

 「新たなコミュニケーションを提案する」をテーマに、いままでにない製品を展開している「Xperia スマートプロダクト」。'16年11月に第1弾である「Xperia Ear」、'17年6月にはAndroid内蔵プロジェクター「Xperia Touch」を発売した。どのメーカーも「スマホの次は何か」を模索している最中だが、ソニーモバイルの実験的な試みの製品群がこのスマートプロダクトだと言える。

 スマートプロダクトは製品としてリリースする前に、大型展示会などでコンセプトモデルを発表する。その時の会場やネットでの反響などを受け、機能や仕様だけではなく企画自体も見直している。

触れる超短焦点プロジェクター
Xperia Touch G1109

Xperia Touch G1109

 「Xperia Projector」という名前で'16年2月にスペイン・バルセロナで行なわれたMWC 2016で発表された。ソニーの小型超短焦点レンズと反射型液晶ディスプレーデバイス「SXRD」、小型レーザーエンジンを活用することで限られたスペースでも精細な映像を映し出せる。Androidを採用し、各種センサーを搭載しているため、単体でGoogle Playのアプリを利用できる。

Android 7.0を内蔵。壁やテーブルへの照射時は、10点マルチタッチが有効。Androidアプリを操作できる

●ソニーモバイル ●発売中
●直販価格 16万1870円

W表紙は根本凪さん(虹のコンキスタドール赤組)、水沢心愛さん(虹のコンキスタドール黄組-ベボガ!)! iPhone画面割れ、Xperia完全理解、FF XIV 紅蓮のリベレーター推奨ゲームPC、5000円イヤフォン ほか

表紙をクリックすると、一部記事を読める「立ち読み版」が開きます
表紙をクリックすると、一部記事を読める「立ち読み版」が開きます

週アス最新号は7月4日(火)発行です。
電子版週刊アスキーの購入はこちらから

特集など内容の詳細は以下。
★アスキーの有料会員サービス「ASCII倶楽部」会員の方は、内容をクリックすると直接ページが開きます。

【表紙の人】
根本凪(虹のコンキスタドール)
水沢心愛(虹のコンキスタドール黄組- ベボガ!)

【ASCII.jp NEWS】
1週間のトピックがぐるっとまるわかり!!
お金がなくてもiPhoneをすぐに直せるサービス ほか

【特集】
日本で一番売れているAndroidスマホのいまがわかる
Xperia完全理解

【特集】
「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」をはじめるなら今!
ゲームPC購入ガイド

【特集】
5000円前後でも侮れない!
コスパ最強イヤフォン16選

【連載】
ジサトラ
10年を経て電力線通信の「今」はこうなっている!

【コミックス】
カオスだもんね!PLUS 水口幸広
シャクライの喫茶店(営業中編)

【連載】
T教授の戦略的衝動買い
余った10枚のマイクロSDを1つのストレージに再利用!

【連載】
日曜プログラマー大歓迎 JavaScriptの部屋
パズルゲームの判定方法と表示のコツ

【連載】
オヤジホビー にゃかむら
ミリタリーショーで財布の紐が緩みまくったハナシ

【連載】
恥よ! 墓へ! 古田雄介
オンラインサービスの死後処理の潮流を読む!

【連載】
西海岸から見る“it”トレンド 松村太郎
アップルのWWDC2017基調講演で興味を持つべき3つの細かいこと

【連載】
仮想報道 歌田明弘
フェイスブック上のニュースが信用されない理由

【連載】
NeXT=完全予想 編集長みやの
Surface Proは未来であるべし

Newsstand(定期購読)およびBOOK☆WALKER、Kindle、Kobo(ともに単号販売)で電子版を配信しています。各電子書店での詳しい購入方法は、下記リンクの記事をご参照ください。

週刊アスキー No.1133 (2017年7月4日発行)[Amazon]

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

Newsstandで電子書籍版をダウンロード

アスキーでは、電子版週刊アスキーが読み放題になるサービス「ASCII倶楽部」を展開中です。会員期間中は過去3年分のバックナンバーも読み放題!

電子版の週刊アスキーが、最新号から過去3年分のバックナンバーまで読み放題!

■通巻:1133号
■発行:2017年7月4日(火)
■次号発行予定:2017年7月11日(火)


ASCII倶楽部会員の方だけが読める完全オリジナルムックが登場!

 アスキーの会員サービス「ASCII倶楽部」で初となる完全オリジナルムックが本日9月27日より公開となりました。

 9月のASCII倶楽部は「Apple特集」を行なっており、今回登場したのは「iPhone 7パーフェクトガイド」(ASCII倶楽部会員の方は左のリンクから直接ムックを読むことができます)。
 こちらはASCII倶楽部の会員の方だけが読めるムックです。iPhone 7の“わからない”が、このムックを読めば全部わかるようになります!

 現在、ASCII倶楽部では3日間無料お試しキャンペーンを実施中なので、この機会にぜひお楽しみくださいませ。詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART