このページの本文へ

主人公はレイトンから娘のカトリーに、ニンテンドー3DSに加えAndroid/iOS版も登場

有村 架純さんがナゾに挑戦、レイトンシリーズ最新作の完成披露会が開催

2017年07月03日 21時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」の完成披露会が開催

 レベルファイブは7月20日に「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」を発売する。発売に先駆け、7月3日に完成披露会が開催された。

 本作は、全世界で累計約1600万本出荷しているナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー「レイトン」シリーズの正式な続編。対応機種は、従来のニンテンドー3DSに加え、Android/iOSが追加された。価格は、ニンテンドー3DS版が4800円、Android/iOS版が1900円。

主人公はレイトン教授から娘のカトリーに

レベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野 晃博氏が登壇

 完成披露会では、レベルファイブ代表取締役社長/CEOの日野 晃博氏が登壇。日野氏は「レイトンシリーズでは製作者として深く関わらせてもらっています。レイトンシリーズは、レベルファイブがゲームメーカーとして船出する記念すべき第1作品目として制作されたシリーズです。最新作は7作目となり、第1作が発売されてから10年になります。本作は、これまでの作品の良い部分はそのままに、様々な部分を一新しました」と挨拶。続けて、最新作の従来と違う新しい点を説明した。

司会は加藤 綾子さんが担当

 レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀では、主人公がレイトン教授から娘のカトリーエイル・レイトン(以下、カトリー)に世代交代。カトリーは、明るい性格と奇想天外な発想を持つ女の子で、カトリーがレイトン探偵社を開いたことを伝える一通の手紙から始まるという。

主人公はカトリーエイル・レイトンに

 主人公が変わったことで、助手などの面々も変化。なぜか喋れる犬のシャーロや、さえない若者のノア・モントール、カトリーをライバル視している一流のプロファイラーのジェラルディン・ロイヤーなどが登場する。

助手はなぜか喋れる犬のシャーロとノア・モントール

 これまでのレイトンシリーズは1つの壮大のナゾを解く物語だったが、本作からは日常のロンドンで起きる不思議な事件を次々に解決していく形式になり、1話完結の物語がたくさん登場するという。

いくつも起こる小さな怪事件のナゾを次々に解いていくストーリーに

 また、レイトンシリーズでナゾを開発していた多湖 輝氏から、本作では「ゴースト暗算」の著者で多湖氏のお墨付きという岩波 邦明氏にバトンタッチ。ナゾは過去最大になるとのことだ。

ナゾ開発は岩波 邦明氏が担当

 さらに、カトリーの衣装を変更できる要素を追加。衣装のデザインはスタイリストのSHOHEI KASHIMA氏が担当している。そのほか、本作より対応機種にiOSとAndroidが加わり、全8ヵ国語による世界同時配信も実施予定だ。

衣装デザインはSHOHEI KASHIMA氏が担当
ニンテンドー3DSに加えAndroid/iOS版も全8ヵ国で同時配信

 完成披露会では、ナゾ開発を担当した岩波氏も登壇した。日野氏によると本作は、まったく企画が進んでいない段階で岩波氏から多くの謎が持ち込まれたことから始まったという。岩波氏はナゾ開発について「ナゾは画面のサイズに収まるようにとい制約もありましたが、楽しかったです。ナゾはソフトに入っている以上にたくさん作りました」とコメントした。

ナゾ開発を担当した岩波 邦明氏も登壇。日野氏は、岩波氏がナゾを見たときにかなりな熱が伝わってきたという
岩波が完成披露会のために用意したナゾ

豪華キャスト集結!
有村 架純さん、役所 広司さん、坂口 健太郎さんが登壇

キャストの有村 架純さん、役所 広司さん、坂口 健太郎さんが登壇

 続いて、カトリーの声を演じた有村 架純さん、シャーロ役の役所 広司さん、ノア・モントール役の坂口 健太郎さんが登壇した。

カトリー役は本当に難しかったと語る有村さん

 有村さんは、カトリーについて「カトリーは男勝りな部分があるんですけど、父のレイトンよりも品があって礼儀があって、だけども天真爛漫な部分があるという、そんな女の子です」と説明。本作については「レイトンシリーズに参加させていただけると思っていなかったです。最初、自分のイメージを作って収録したのですが、日野さんや演技指導の方のイメージが違ってたみたいで、みんなで一緒に(イメージ)を作っていただいたという感じでした」と語った。

シャーロを演じる際に、昔飼っていた犬によくしゃべりかけていたことを思い出したとのこと

 役所さんは、シャーロ役について「シャーロは、とぼけたキャラクターを利用して、事件を説明的にならずにセリフで解説していく役割です。ドラマがシリアスになりすぎたところで、ちょっとニヤっと笑えるようなユーモアを担当している気がします」と説明した。また、日野氏は「役所さんに犬のオファーをしていいものか不安でした。受けていただいてよかったです」とコメントしていた。

ノア・モントールと似たところがあるかもと語る坂口さん。日野氏によると「生き写しみたい」と感じるくらいぴったりなキャラクターだったという

 坂口さんは、ノア・モントールについて「カトリーさんにはノア君と呼ばれています。ナゾトキシミュレーションの相手役になっていて、時々散々な目にもあってしまう、可愛らしいイメージです」と説明。日野氏の「キャラクターがぴったりでした」とのコメントに対して「ドジだけどキュートにみえる部分はすっと理解できたので、僕に近い部分はあるのかなと思いました」と返していた。

完成披露会では、有村さんへレイトン役の大泉 洋さんからビデオメッセージが流れた。ビデオメッセージを観た有村さんは「言われている言葉に深みはないかもしれないけど重みはあったなと」とコメントし、会場を沸かせていた
有村さんが本作のナゾトキに挑戦。役所さんも坂口さんも一緒に悩んでいた

 最後に、有村さんは「レイトンシリーズに足を踏み入れたばかりなので大きなことはいえないんですけど、これからも皆さんに愛され続ける作品になるようがんばりたいと思います」と述べた。日野氏は「今回は、制作の力の入れ方も過去最高になっています。キャストの皆さんもそうですし、あらゆる制作工程も過去最大になっていますので、ぜひみなさんに楽しみにしていただければと思います」とコメントし、完成披露会を締めくくった。

完成披露会の最後には、西野 カナさんが登壇し、本作のテーマソング「Girls」を披露した

全世界をまきこんだプロモーション企画が開催中

「レイトン ミステリージャーニー 世界ナゾトキ大冒険」

 6月20日からリアル脱出ゲームを手掛けるSCARPとコラボしたプロモーション企画「レイトン ミステリージャーニー 世界ナゾトキ大冒険」を展開中だ。

 このプロモーション企画は、日本をはじめアメリカ、イギリス、韓国、オーストラリアなど、世界10ヵ国のあらゆる場所やウェブ上に全50問のナゾが次々と出現する。記念すべき第1問目は、ピコ太郎さんがナゾソングを出題している。

 ブラウザー上の特設サイトから参加でき、GoogleやTwitterなどのアカウントと連携することで、世界中の人とコミュニケーションをとりながら一緒にナゾトキを楽しめる。世界中の人とのコミュニケーションのために、Google Translateを用いて様々な言語で入力される言葉をリアルタイムで翻訳するシステム「TRANSLAYTON」を開発。世界中の人からナゾに関する情報をリアルタイムで集めながらナゾトキに挑戦できる。期間は9月21日まで。

完成披露宴で新しいナゾを公開
ヒントは3色のラインが入ったシルクハット

作品概要

タイトル:レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀
ジャンル:ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー
対応機種:ニンテンドー3DS/Android/iOS
価格:ニンテンドー3DS 4800円(パッケージ版/ダウンロード版)、Android/iOS版 1900円+アイテム課金(アイテムなしでエンディングまでプレー可能)
企画・制作:レベルファイブ

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社