X370搭載のゲーマー向けRyzen対応マザー「ROG STRIX X370-F GAMING」

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

2017年06月30日 23時40分

 ASUSから、X370チップセットを搭載したSocket AM4対応マザーボード「ROG STRIX X370-F GAMING」が発売された。ゲーマー向け「ROG STRIX」シリーズのRyzen対応モデルだ。

 ゲーム用オーディオ機能の「SupremeFX」やネットワークゲームの通信優先度を高める「ROG GameFirst IV」機能、LEDで光らせる「AURA Sync」。さらに、信頼性を高める5つの機能「5X PROTECTION III」をはじめ、LAN機能を静電気から守る「LANGuard」、デジタル電源回路の「DIGI+ VRM」、ファンコントロール機能「Fan Xpert 2+」、重いカードもしっかり支える高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot Core」などおなじみの機能も搭載する。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×3。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I211AT)やサウンド(ROG SupremeFX S1220A)、M.2×1、SATA3.0×8、USB 3.1×4(Type-A+Type-C)、USB 3.0×10、USB 2.0×4などを装備。グラフィックス機能にHDMI1.4b×1、DisplayPort 1.2×1を搭載する。

 価格は2万6784円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

■関連記事