このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

1500万円のオーディオシステムでアニソンを聴いたら違いがわかった!

2017年07月09日 10時00分更新

文● 藤山哲人 編集●スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハイレゾリューションオーディオ、略して「ハイレゾ」という規格を聞いたことがあるだろう。

 オーディオ評論家の先生方々が絶賛するハイレゾだが、普段スマホに入れたMP3音源を1000円のイヤホンで聴いている俺に、はたして音の違いがわかるのか? ってのが問題。いやハイレゾ以前に、超高級オーディオとスマホの音質の違いがわかるかどうかも怪しい。

 なぜなら筆者はモスキート音も聞こえないジジイ。なんたって先日布団を取り込んだまま、窓を開けっ放しにして寝てしまい、腕や顔を5ヵ所も蚊に刺されるという大惨事に遭遇した。もっと若ければ蚊の飛ぶ音で目をさましたところだろうが、羽音が聞こえないのだ……。

 そんなオッサンが、1500万円のオーディオシステムで音楽を聞いて、評論家先生のように聴きわけができるのかを、東京ミッドタウンにある試聴室で試した。

今回は世界の有名オーディオブランドをいくつも持っている「ハーマンインターナショナル」のショールームにお邪魔して、高級オーディオの世界をブラタ●リ!

1500万円相当のオーディオシステムって
金ピカなのか!?

 世界の名だたるオーディオブランドを傘下に収めるハーマンインターナショナル。そのブランドたるや、映画館やスタジオでおなじみの「JBL」、高級ヘッドホンでおなじみの「AKG」、そして高級カーオーディオメーカーとして世界的に有名な「Harman Kardon」、そして超がつくほどマニア垂涎のアンプ「Mark Levinson」とそのスピーカーブランドの「REVEL」などを取り揃えている。

従来式のCDからハイレゾオーディオ、各種フォーマットの音楽が再生できるプレイヤー Mark LevinsonのNo519。お値段230万円。コミコミで車買えるな……こちらプリアンプ。普通なら1台でステレオ音声を扱えるが、コイツはモノラルなので2台必要。お値段189万円×2台
こちらは信号を増幅してスピーカーをドライブするだけのパワーアップ。やっぱりモノラルなので173万円が2台必要。そろそろフェラーリぐらい買えるかな?一応家庭用スピーカーということだが、少なくてもうちには設置できないJBLのProject EVEREST DD67000。お値段1本324万円。ステレオなので648万円

 価格は消費税が入っていないので注意してほしい。こういうもの買う人が、いちいち消費税を気にするとは思えないが……。とはいえ、ポン! と500万の製品をクレジットカード一括払いする(そんな額が一括で落ちるのか)人もいれば、60回分割払いで購入していくお客様もいるという。どちらもオレはJapanese「侍」だと思う!

吸音材や反射材などの部屋の造りこみをすると、さらに1500万円ぐらいかかるそうだ。エアコンの音もほとんど聞こえないし、ヘタすればアフレコスタジオより、キレイに音撮れっぞ!試聴室からショールームも見える。向こうに卓があったら、マジでスタジオだ(笑)

 オーディオメーカーはだいたいカーオーディオを手がけているが、ハーマン全体でみると世界の80%の自動車メーカーにOEM/ODMしている。フェラーリ、メルセデス・ベンツ、レクサス、BMWと高級車メーカーの名を連ねれば、ほぼハーマン製というぐらい。

六本木の東京ミッドタウン内にあるハーマンインターナショナル直営店

 そんな高級オーディオをそろえる同社だが、東京は六本木「東京ミッドタウン」に直営ショップを構え、そこに総額1500万円のオーディオ機器を試聴できるリスニングルームを設けている。しかも一般公開されており、ウェブから予約することも可能。さらに2時間ほど無料で試聴できるのだ。購入する意志があろうがなかろうが関係ないし、所得証明をする必要もない(笑)。

Webからだれでも予約できる→https://www.harman-ownersclub.jp/reserved/consent/

 ということで、マクラーレンのローンの審査も通らない低所得のASCII編集者(関連記事)が取材するには、最高のコストパフォーマンス。「オッサンが聞いても音の違いってわかりますかね?」と伺ったところ、「むしろフツーの方に聞いていただきたい!」というお返事をいただいたので、耳の穴かっぽじってアニソンを聞いてきた!

全部試聴できるので、手ごろなヤツも試してみよう!

前へ 1 2 3 次へ

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中