このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第283回

Edgeブラウザが大きく機能強化

Windows ビルド16226でEdgeがいろいろと機能強化された

2017年06月28日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

お気に入りの登録画面でフォルダツリーが利用できるようになった

監視報告
ビルド16226でEdgeがいろいろと機能強化された

 2017年6月21日、Windows 10 Insider Previewのビルド16226が、Fast Ringにリリースされた。いくつか変更点があるのだが、主にEdgeブラウザが大きく機能強化しているのでご報告しよう。

その場で新規フォルダーを作成し、お気に入りを保存できる

 まずは、お気に入りが階層化されたフォルダに分類できるようになった点。お気に入りの追加画面から新規フォルダを作成したり、ツリー表示で保存場所を選択できるのは便利。従来はリストから選ぶしかなかったのでわかりにくかったのだ。

お気に入りバーのウェブサイトを右クリックすると、「URLの編集」という項目が追加されている
その場でURLを編集できるので、ブックマークレットの追加も簡単

 便利になったところで言えば、お気に入りバーに登録したウェブサイトのURLを右クリックメニューから編集できるようになっている。これは、ブックマークレットを作る時などに活躍してくれるだろう。また、Javaスクリプトなどで起動した警告などのダイアログが表示されたままでも、お気に入りや設定を開いたり、Edgeを終了したりできるようになった。これまではダイアログを閉じる必要があったので、ひと手間かかっていたのだ。

Chromeなどからクッキーや設定をインポートできるようになった

 以前から、別のブラウザからお気に入りや閲覧履歴、保存されたパスワードをインポートする機能は用意されており、Edgeへの乗り換えを促していたが、こちらも強化。Chromeのクッキーや設定までインポートできるようになっている。

ピン留めしていたサイトが使えなくなり、再操作を求められた

 筆者の環境だけかもしれないが、新ビルドにしたところ、以前にピン止めしていたウェブサイトが使えなくなり、再操作を求められたので、報告しておく。

 企業向け機能としては、IT管理者がグループポリシーにより、お気に入りを事前に構成してロックしたりできるようになった。

これでズバッと解決!

 Windows 10 Insider Preview ビルド16226では、Edgeが大きく機能強化され、お気に入りのフォルダ表示やお気に入りバーに登録したサイトのURLを直接編集できるようになった。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン