このページの本文へ

シニアのスマホユーザー、ネットショッピング利用率が約5割に

文●通販通信

2017年06月27日 01時45分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

MMD研究所が22日発表した「2017年シニアのスマートフォン利用に関する調査」によると、シニアのスマートフォン所有率は48.2%で、スマホ所有者の「ネットショッピング」利用率は46.9%に上ることが分かった。

 同調査は、スマートフォンを所有する60~79歳の男女4244人を対象にした調査で、調査期間は17年6月6日~12日。

iPhoneユーザーは、ネット通販「アプリ派」

 事前調査として普段利用している携帯電話についてたずねたところ、46.8%が「スマートフォン」、1.4%が「シニア向けスマートフォン」と回答し、合わせて48.2%がスマートフォンを利用していることが明らかになった。年代別で見ると、60代が51.9%、70代が35.7%だった。また、「次に携帯電話を買い替えるならどの端末を購入するか」については、15.6%が「スマートフォン」と答えた。タブレットは、30.5%が所有していた。

 普段利用しているサービスについては、iPhoneユーザーでは、「メール」が85.1%、「動画」が66.9%、「ネットショッピング」が55.0%となった。Androidユーザーでは、「メール」が84.3%、「動画」が49.0%、「ネットショッピング」が38.8%で、ネットショッピングの利用率はiPhoneユーザーの方が高かった。iPhone・Androidを合わせたネットショッピングの利用率は、46.9%だった。

 また、ネットショッピングをする場合のブラウザとアプリの使い分けについては、iPhoneユーザーでは、「アプリ」が69.6%、「ブラウザ」が39.2%、Androidユーザーでは、「アプリ」が49.7%、「ブラウザ」が56.9%と回答。iPhoneユーザーは「アプリ派」でAndroidユーザーは「ブラウザ派」といった違いが浮き彫りとなった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く