このページの本文へ

IoT/クラウドのセキュリティを簡略化できるFortiSIEM日本で開始

2017年06月26日 16時55分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フォーティネットジャパンは6月23日、企業およびマネージドセキュリティーサービスプロバイダー(MSSP)向けに設計されたネットワークセキュリティーの監視/分析ソリューション「FortiSIEM(SIEM)」を日本で提供開始した。

 IoTからクラウドまでのセキュリティー、パフォーマンス、コンプライアンスを包括的かつスケーラブルに管理できるため、ネットワークとセキュリティーの運用管理が簡略化されるという。

 スイッチやサーバーなど多くのITアセットデータやデスクトップ、IoTデバイスまで、Fortinet Security Fabricから蓄積されたログを、統合化されたプラットフォームで相関分析可能。

 そのため、セキュリティー運用の可視性を大幅に向上させながら、自動化されたセキュリティーインテリジェンスをすぐに活用できるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ