このページの本文へ

接続経路と接続性能を可視化し、障害時に原因解明をスムーズに

ネットワンシステムズ、国内初の「クラウドアクセス可視化サービス」を提供

2017年06月16日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
インターネット経路と性能の可視化の様子

 ネットワンシステムズは6月16日、国内初のクラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化するサービスを発表。6月30日に発売する。

 様々な業種でクラウドサービスが普及しているが、クラウドへのインターネット接続は提供事業者の管轄外となることもあり、接続不可や速度低下などのトラブル原因の分析に時間がかかることがあった。「クラウドアクセス可視化サービス」は、クラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化することで、トラブルの原因を企業管理内/外で切り分ける時間を大幅に短縮でき、インターネットが原因の場合には影響地域や状況を把握できる。

「インバウンド可視化」と「アウトバウンド可視化」の2サービスが用意される

 クラウドサービスを提供する事業者向けの「インバウンド可視化」と、クラウドサービスを利用する企業向けの「アウトバウンド可視化」で構成。いずれもインターネット上に設置した複数の監視エージェントが5分間隔でアクセスを行ない、インターネット接続経路とパケットロス/遅延、接続先Webサーバーの応答可否/応答速度/ダウンロード速度、IPS間の接続構成の変化を可視化する。

 価格はインバウンド可視化が月額9万6000円より、アウトバウンド可視化が月額12万7000円より(いずれも税別)。

カテゴリートップへ

ピックアップ