このページの本文へ

RadeonやRyzen、FreeSyncなどでeSportsを積極的に支援

AMD、マルチプロゲーミングチーム「SCARZ」とスポンサー契約を締結

2017年06月16日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AMD × SCARZ

 日本AMDは6月16日、マルチプロゲーミングチーム「SCARZ」とスポンサー契約を締結したと発表した。

 SCARZは9部門のeスポーツタイトルにて活動している50名のチーム。2017年度においても各部門で日本国内の頂点を目指すだけでなく、日本国外で行われるトーナメントへの進出を目指している。

 AMDではGPU「Radeon RX 500シリーズ」やCPU「AMD Ryzen」、フレームレートコントローラー「Radeon Chill」、「AMD Freesync」技術などによりゲーミング環境に貢献しており、eSportsへも積極的に推進している。AMDとSCARZは、6月から相互協業を進めて7月より正式に活動するという。

カテゴリートップへ