このページの本文へ

「Amazonフレッシュ」対象エリアを拡大、限定商品も販売開始

文●通販通信

2017年06月16日 01時12分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

アマゾンジャパン合同会社は15日、果物・野菜などの生鮮食品を販売するAmazon.co.jpのプライム会員向けサービス「Amazonフレッシュ」の配送エリアを、東京都の18区・狛江市・調布市、千葉県の市川市・浦安市、神奈川県川崎市(一部エリアを除く)に拡大した。

新たに7万点の商品を拡充

 これまで東京6区だけだった配送対象エリアを大幅に拡大し、東京23区では豊島区・北区・練馬区・中野区・板橋区の5区を除くすべての区で「Amazonフレッシュ」が利用できるようになった。

 商品も新たに7万点追加し、「Amazonフレッシュ」の合計商品は17万点以上になった。野菜・果物・鮮魚・精肉・乳製品などの食料品を1万7000点以上、キッチン用品・健康・美容用品・ベビー用品などの日用品・雑貨を16万点以上取りそろえた。

 「専門店グルメ」では、「Amazonフレッシュ」でしか購入できないロールケーキ『パティスリー モンシェール 堂島ロール マスカットフレーバー』(1350円:税込)を販売する。また、「人形町今半」の精肉、「魚の北辰」の刺身など、各専門店のこだわりの商品を取りそろえた。

 毎週火曜日・金曜日には「新鮮市」を開催し、契約農園から仕入れた新鮮な野菜や、築地市場で仕入れてその日の早朝に加工された鮮魚を販売している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く