このページの本文へ

ソニーがイヤフォン新製品を大量投入! スマホカメラのシャッターが切れるワイヤレスオーディオ受信機も

2017年06月16日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホカメラのシャッター機能を備えるBluetoothオーディオ受信機「SBH56」
スマホカメラのシャッター機能を備えるBluetoothオーディオ受信機「SBH56」

 ソニーは6月16日、スマホカメラのシャッターが切れるスピーカー内蔵のBluetoothオーディオ受信機「SBH56」やイヤフォン新モデルなどを発表した。すべて7月15日発売予定だ。

SBH56は2色のカラバリを用意する

 SBH56(予想実売価格 1万円前後)はポータブルタイプのオーディオ受信機で、上部にスピーカーを内蔵。服のポケットなどにクリップでき、スマートフォンと組み合わせることでスピーカーを使ったハンズフリー通話が可能となる。

 また、本体のボタンを押すことで、接続されているスマートフォンのカメラでリモート撮影することが可能。スマホを固定して遠隔撮影することで、手ブレの防止や自撮り撮影、グループ撮影が便利に行なえる。

 イヤフォンは重低音重視の「EXTRABASS」とスタンダードモデルの「EX」シリーズでカラバリを変更したモデルやスマートフォン用リモコンを搭載したモデルを発表。一斉に発売する。

「MDR-XB75AP」(予想実売価格 7700円前後)は「XB70」後継モデル。12mmドライバーとアルミハウジングを採用し、スマホの操作に対応。カラバリがブラックとグリーンになった
「MDR-XB55AP」(予想実売価格 4800円前後)は「XB50AP」の後継モデル。12mmドライバーを採用しスマホ操作に対応する。カラバリがブラック、グリーン、レッド、ブルー、ホワイトの5色になった。スマホリモコンのない「MDR-XB55」(予想実売価格 4300円前後)も発売される
「MDR-XB55AP」(予想実売価格 4800円前後)は「XB50AP」の後継モデル。12mmドライバーを採用しスマホ操作に対応する。カラバリがブラック、グリーン、レッド、ブルー、ホワイトの5色になった。スマホリモコンのない「MDR-XB55」(予想実売価格 4300円前後)も発売される
EXシリーズの「MDR-EX255AP」(予想実売価格 3900円前後)はブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色を用意。12mmドライバーを採用し、スマホ操作に対応する
EXシリーズの「MDR-EX255AP」(予想実売価格 3900円前後)はブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4色を用意。12mmドライバーを採用し、スマホ操作に対応する
スマホリモコン機能のない「MDR-EX255」(予想実売価格 3400円前後)は、MDR-EX255APと同じ4色に加え、写真のゴールドモデルを用意 スマホリモコン機能のない「MDR-EX255」(予想実売価格 3400円前後)は、MDR-EX255APと同じ4色に加え、写真のゴールドモデルを用意
9mmドライバー採用の「MDR-EX155AP」(予想実売価格 2800円前後)。8色のカラバリを用意
9mmドライバー採用の「MDR-EX155AP」(予想実売価格 2800円前後)。8色のカラバリを用意
スマホリモコン機能のない「MDR-EX155」(予想実売価格 2100円前後)は10色のカラバリとなる
スマホリモコン機能のない「MDR-EX155」(予想実売価格 2100円前後)は10色のカラバリとなる
「STH32」(7月15日発売、予想実売価格は3200円前後)は、防水対応のイヤフォン。9.2mmドライバーを使用し、スマホの操作にも対応する

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART