このページの本文へ

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』プレイするなら要チェック!

ファイナルファンタジーXIVを快適プレイできるPCって? TSUKUMOの現役“光の戦士”に訊いてみた

2017年06月20日 11時00分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

戦闘システムの調整で新規プレイヤーもゲームを始めやすくなる

ショータ このまま進めると話がどんどんマニアックな方向に行きそうなので(笑)、いったん話を戻しましょう。『FFXIV』は6月20日から最新拡張パッケージが販売開始され、『紅蓮のリベレーター』が正式サービスインするわけですが、プレイするにあたっていくつか気になるポイントがあると思います。まずは、スキルなどの戦闘システムまわりにかなりの調整が入りますよね。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』のスクリーンショット。戦闘システムが改良されるほか、『赤魔道士』『侍』といった新ジョブが実装される

岡嶋 事前の情報を見た限りだと、全体的に時間で管理するスキルやそもそも煩雑だったスキル、コンボルートなどが簡略化されていて、プレイの負担が減るような調整がされますよね。

ショータ これまで『難しい』とか『忙しい』みたいなイメージがある方もいらっしゃったとは思うんですが、初心者の方でも触りやすくなっていそうですよね。最近、無料でプレイできる『フリートライアル』のレベル上限が35まで拡張されたこともあってか、ゲーム内で初心者の方を多く見かける気がします。

岡嶋 そうですね。もともと新規プレイヤーに対する導線はしっかりしていますし、これから始めるという方にも、今はいいタイミングだと思います。

新拡張パッケージで『FFXIV』PC環境はどう変わる?

ショータ これからプレイしようとすると、PCの推奨スペックは気になりますよね。こちらもパッチ4.0実装にあたっての変更点ですが、PC版の最低・推奨環境が少し引き上げられました。

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』の最低動作環境
『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』の推奨動作環境

岡嶋 実際、配布されているベンチマークソフトで計測してみると、同じPCを使っても『蒼天のイシュガルド』のベンチマークよりは『紅蓮のリベレーター』のベンチマークのほうがスコアーは少し下がりますよね。『FFXIV』って元々グラフィックスが本当に綺麗で、フィールドを探索しているだけでも「いい景色だなあ」と思えるようなところがたくさんあります。そういう強みが結果的にスペックの引き上げでより強化されていくんだとしたら、ユーザーとしてはありがたいポイントかなと。

ショータ 景色が綺麗、というのは本当にその通りだと思います。パッチ3.0でフライングマウントが実装されて、空を飛べるようになってからは、風景に見とれる場面が多くなりました。

岡嶋 夕焼けとか凄いですよね。

ショータ わかります。『/gpose』コマンドでスクリーンショット撮りまくってます。また話が逸れそうになりましたが(笑)、スペック引き上げの結果、推奨のグラフィックスボードがGeForce GTX 970またはRADEON RX 480以上と、前世代のミドルハイクラスになりました。僕自身GeForce GTX 970でプレイをしていて、解像度フルHD(1920×1080ドット)であればまだまだ快適にプレイできるかなあ、という印象なのですが、いま販売されているPCで売れ筋のモデルなんかはあるのでしょうか。

『G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン | スタンダードモデル』。GTX 1060(3GB)を搭載したミドルクラスゲーミングPCとなる。価格は13万1544円と、ゲーミングPCとしてもお手頃

岡嶋 基本的には、グラフィックボードに最新世代のGTX 10シリーズを搭載したゲームPCをご案内しています。よくお問い合わせをいただくのは、GeForce GTX 1060を搭載したゲーミングPCですね。最新世代のミドルクラスですが、ベンチマークスコアー的にはGTX 970よりも上になりますし、ほぼほぼすべてのシチュエーションで快適に遊べる上に、価格的にも丁度よいのかなと。特に、はじめてゲーミングPCを買うという方にはおすすめしやすいモデルだと思います。もちろん、より高性能なGTX 1070やGTX 1080を搭載したモデルを購入される方も多いです。

ショータ どのグラフィックスボードを選ぶかは最大の悩みどころですね。GTX 1080はほとんどのゲームを最高設定で動かせるポテンシャルがありますけど、グラフィックスボード単体でも7~8万円くらいしますし。

『G-GEAR ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン | エクストリームモデル』。GTX 1080を搭載したハイエンドゲーミングPCだ。価格は20万7144円

岡嶋 やっぱり価格が最大のポイントですよね。一度PCを買うと、「そんなにすぐに買い替えたくないよ!」というのは当然の心理だと思います。そこで、じゃあGTX 1060搭載モデルを買うのか、ちょっと余裕をもってGTX 1070やGTX 1080、GTX1080 Ti搭載モデルを買うのかっていうのは、ゲーマーの方だと絶対付いて回る悩みです。ただし、『FFXIV』に限らず、今後1~2年先のことを考えると、GTX 1070クラスでないとフレームレートが安定して60出ないというゲームは結構増えてくるんじゃないかと思います。向こう3年分の投資ということまで考慮に入れるなら、GTX 1070搭載モデルはオススメ度が高いです。もちろん、すべてにおいて絶対的に困らないスペックが欲しいのであれば、GTX 1080やGTX 1080Tiモデルが買いですね。費用はかかるんですが、それだけ長期間、安定したゲーム環境を手に入れられるので。

ショータ あと、最近注目なのがゲーミングノートPCですよね。

TSUKUMOのゲーミングノートPC『G-GEAR note N1585J-710/T』。価格は21万5784円。GTX 1070搭載で、もちろん『FFXIV』も快適にプレイできる

岡嶋 そうですね。今は技術的にも、発熱で性能がひどく落ちるようなことはないですし、GTX 10シリーズからは劇的にGPUの性能が向上して、デスクトップ並と言っても遜色がない性能が出るようになりました。ノートPCもゲーム用として現実的な選択肢になったというのは大きいですよね。実際、デスクトップPCやディスプレーの設置スペースを取れないという方はいらっしゃるので、ノートPCモデルをおすすめする機会はあります。

ショータ 大学生の方なんかだと、長期の休みで実家に帰られたりするじゃないですか。そういうとき、ゲーミングノートPCがあるとすごく楽なんじゃないかと思ったりします。僕が学生だったとき、こういうの欲しかったです。

岡嶋 帰省用『FFXIV』プレイPCとしてもオススメです(笑)。自分の場合、実際にしっかりした環境でゲームを楽しんで、それだけ感動できた、という体験があるので、これからゲームをするという方にもなるべく快適な環境で『FFXIV』を遊んで欲しいですね。