このページの本文へ

独特デザインの Area-51に加え、手頃なInspironデスクトップにもVR対応ゲーミングモデルが登場

ハイエンドゲーミングPC「ALIENWARE Area-51」の最新モデルやVR対応製品を発表

2017年06月13日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ユニークな三角筐体を用いる「ALIENWARE Area-51」

 デルは6月13日、ハイエンドゲーミングPC「ALIENWARE Area-51」の最新モデルやVR対応ゲーミングデスクトップPCを発表した。

 ALIENWARE Area-51はVRゲームにも対応するハイエンドゲーミングPCで、インテル Coreプロセッサーおよび、グラフィックス機能としてAMD Ryzen Threadripper(16コア/32スレッド)を搭載。米国では7月27日よりオーダーを開始する予定で、価格は近日中に発表される。

 「New ALIENWARE 15」は、Max-Qテクノロジーを搭載した新NVIDIA GeForce GTX 1080グラフィックス機能を装備し、VRゲームにも対応する15.6型ノートPC。99Whバッテリーの搭載による長時間動作も可能で、ポータブルマシンとしては最高レベルのゲーミング機に仕上がっているという。米国は6月27日の発売となり、価格は近日中に発表。

「Inspiron ゲーミングデスクトップ」

 「Inspiron ゲーミングデスクトップ」は、手頃な価格て利用できるゲーミングPCを目指したデスクトップ機で、SenseMIテクノロジー搭載のRyzenマルチコアプロセッサーボードの導入や、最適化エアフローなどが特長。VR対応グラフィックスボードはAMDおよびNVIDIAそれぞれのモデルが用意。米国では6月13日に発売され、価格は599.99ドルより。

 このほか、超高速1ms応答時間や240Hzリフレッシュレートでゲームに最適な「ALIENWARE 25 インチ ゲーミングモニタ」(1920×1080ドット、499~699ドル)、ゲーミングキーボード、ゲーミングマウスなどもALIENWAREシリーズとして発売される。

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー