このページの本文へ

ASCII STARTUP週末かわら版第64回

イノフェス、つくばが盛り上がるテクノロジーイベント

2017年06月10日 09時00分更新

文● ASCII STARTUP編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

北島:おはようございます!

鈴木:おはようございます。梅雨に入りましたね。

北島:季節的にはTシャツ一枚で出かけたいですが、意外にそれも難しいんですよね。編集部めっちゃ寒いし。

鈴木:先日、農作地の取材に行ったのですが……汚れても良い服で来てくださいと言われて、Tシャツジーパンで行ったら、夜までかかり寒くなって大変でした。

北島:過酷なロケでしたね。こちらはそのうち朝の番組で流れる具合ですかね。

鈴木:いろいろとお楽しみに!

北島:さて、まずは最初のネタですが、大事なお話です!

鈴木:おおっ。いよいよ、あの話題を出してしまうんですね。

北島:恒例となっています「IoT & H/W BIZ DAY 4」が今夏、8月28日に開催決定です!!

鈴木:おおお、ついに来ましたね。ということで、まずは会場を盛り上げる、IoT、ハードウェアベンチャーさんのブース出展の募集を開始いたします。

北島:今回は領域も拡大、実際にハードのプロダクトをもつ企業だけでなく、データ分析、人工知能など、IoT、ハードウェアに近接する領域の企業も参加オーケーです。

鈴木:ますます発展していく、イベントをいっしょにつくりましょう! 出展を希望する企業は下記リンク先のフォームから入力ください。編集部から折り返しご連絡させていただきます。

■□■□■応募はコチラから(関連リンク)■□■□■

つくばに最新テクノロジーエンターテインメントが集合

鈴木:それでは、今週の取材先の話題に行ってみましょう。土曜日につくばで行なわれた“J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2017”に行ってきました!

北島:ここからは普通のテンションで。かなり天気のいい日だったんですかね。写真が明るい。

ASCII STARTUP週末かわら版

鈴木:いやー本当に暑いくらいでした。現地の学生や親子連れがたくさん訪れていて、良い雰囲気のイベントでしたよ。現地の飲食店が参加していて、昼間からビール飲めたりで。

北島:仕事で行くのがもったいないイベントだったんですね。去年はわりとクリエイティブ寄りの印象でしたが、今年はエンターテイメントが多かったのかな。

鈴木:参加できるコンテンツも多かったので、みんな楽しんでいた印象です。まずは会場入ってすぐにこの写真が飛び込んできます。

北島:どこかで見たことあるような既視感がありますが……。空でも飛べるのかな?

鈴木:たしかにですが、それよりもさらにでかいです。5メートルを超える大きさで『Big Robot Mk1A』という筑波大学のシステム情報系のプロジェクトです。

北島:この写真だけ見ると、操縦者?の人はこわいレベルの高さですが……。

鈴木:身体が5メートルの巨人に拡大したら、どんな感覚を得られるかでつくられたもので、歩く、腕を振るといった動作が連動します。まー大迫力なわけですね。

北島:おや一気に楽しそうな情報が。

鈴木:お次はちょっと懐かしいんじゃないでしょうか!

北島:NARIKIRI SHOWDOWN! 週アス時代に行ったAR/VRセミナー以来ですね。

鈴木:デイジーさんの作品ですね。某格闘ゲームのクルマを破壊するボーナスステージが楽しめるというARのアトラクションです。

北島:現場はキッズに人気な感じでしたか?

鈴木:子どもははしゃいでましたねー。この体験ゾーンの周りには、meleapのHADOやVRCの全身高速3Dスキャナーシステム、また別の場所ですがKAGURAがあったりと、楽しそうでした。

北島:最新技術のミニ博覧会だったと。

ASCII STARTUP週末かわら版

北島:続いてはドローン×レーザー……なのかな?

鈴木:こちら実はVenusLaserさんの新ソリューションなんです。

北島:照射元がハコの中を自由に飛んだらどうなるか、ってことですね。

鈴木:新しい演出方法として、レーザーの筐体をドローンに載せて飛ばしてみるという、けっこうぶっ飛んだものです。まだ精密な部分で調整が必要とのことですが、ステージ演出とか楽しみですね。

ASCII STARTUP週末かわら版

北島:黒い! サービスが全然目に入らない。先日はインタビューありがとうございました。

画像認識技術がスポーツを変える!アマチュアチームのレベルを上げるSPLYZA(関連記事)

鈴木:おなじみ、スプライザの土井さん。筑波大学はスポーツも盛んですし、ここでの展示は相性がいいって言ってましたよ。

北島:アマチュアスポーツの世界をアプリで盛り上げてほしいですね~。

SAOとベンチャーのコラボガジェットが発売!

北島:先週はネタにできませんでしたが、ようやくアスキーストアでこちら取り扱いスタートしましたよ! 「電玉 SAO EDITION」!

電玉 SAO EDITION(アスキーストア)

鈴木:おおお、ついに販売が始まりましたね。我々の中では特に注目すべき結果のプロジェクトですよ。ベンチャーとのオープンイノベーション、協業を達成しました!

北島:記事やイベント、ストアなどなどASCII STARTUPにはありますが、共同でのプロジェクトでモノができるというのは感慨ひとしおです。通常の電玉にコラボカラーをしただけでなく、キャラのボイスや描き下ろしイラストも含めた特別仕様となってます。

鈴木:豪華すぎませんか?

北島:ネタに全力という具合ですが、実際のハードも、現行Verよりもよりパワーアップしたものをお届けしますのでお楽しみに。

鈴木:個人的に電玉の対戦プラットフォームはサービスとして注目しているので、もっと多くの人に広まってほしい。

北島:対戦動画とか今後上げていきたいですね~。

来週のガチ鈴木

北島:さて6月のスタートアップイベントはいかがでしょうか?

鈴木:大阪のシードアクセラレーションプログラムに続いて、東京とのASACの第4期のお披露目会に行ってきますよ。今回もどんなベンチャーさんが登場してくるか楽しみです。

北島:継続大事ですね。最近はスタートアップ関連のハコがものすごく増えていて、イベントも増えている実感あるんですが、どうでしょうか。

鈴木:東京との創業ステーションなんて、できて以来、ほぼ毎日のようにイベントやっていたりしますしね。来週、その増えるハコもひとつ見てくる予定です。

北島:新規で案件ある場合は、気楽にご連絡もらえるといいですね。リリース宛先はこちらまで。

ASCII STARTUP週末かわら版

今週のひと言
鈴木:沼津まで行って、『ラブライブ!サンシャイン!!』の公式カフェでズラ丸ちゃんのジュースを飲んできました。
北島:「SERIES(シリーズ)」という黒Tシャツのサンプルいただいたのですが、着心地よかったです! ニッチなものづくり会社はぜひ増えてほしいところ。

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

電玉バナー(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ