このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第275回

原因は複数ある

わっ、突然Windows 10の動作が重くなりディスクの使用率が100%になった時

2017年06月11日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Windows Defender セキュリティセンター」でWindows 10の状況を確認する

調査依頼
ディスクの使用率が100%になってしまう時の対処法

 それまで快適に利用できていたのに、突然Windows 10の動作が重くなることがある。タスクマネージャで見てみると、「ディスク」の使用率が100%に貼り付き、処理が遅くなっているケースが複数報告されている。原因はいくつかあるので、それぞれの対処法を紹介しよう。

 まずは一番怖いのが、マルウェアやコンピュータウイルス。「Windows Defenderセキュリティセンター」を開いて、きちんとデバイスが保護されているかどうか確認しよう。Windows Defenderが動いていなかったり、何か検出された場合はセキュリティ機能の指示に従って駆除しよう。もし、直前に何かドライバーやアプリをインストールしたなら、それをアンインストールしてみる手もある。

「OneDrive」などのクラウドストレージサービスの同期機能を切ってみる

 問題ないようであれば、次に可能性が高いのはクラウドストレージサービス。「OneDrive」などを使っているなら、一度オフにしたりアンインストール・再インストールしよう。同期を止めるなら、タスクトレイのアイコンから設定を開き、「設定」タブの「全般」の2項目のチェックを外したり、「自動保存」タブでOneDriveを使わないようにしてみる。

 これでも駄目なら、ストレージに負担をかけそうな機能を止めて様子を見てみる。改善されたという報告も多いが、Windows 10の便利機能を止めるのだから、デメリットになる可能性もあることは覚えておこう。

 例えば「SuperFetch」は、Windowsに古くから搭載されているメモリを効率的に管理するための機能だが、高速化よりもバックグラウンド処理の方が嫌だというユーザーもいる。また、Windows 10はインデックス機能を使って検索を行っているが、これもバックグラウンドで重い処理が走るので嫌がられることもがある。

「コンピューターの管理」で「SuperFetch」をオフにする
同じ場所にある「Windows Search」の設定画面

 SuperFetchをオフにするなら、スタートメニューから「Windows管理ツール」→「コンピューターの管理」を開き、「SuperFetch」をダブルクリック。「スタートアップの種類」を「無効」にすればいい。同様に検索機能をオフにするなら「Windows Search」を無効にする。

 「第252回 Windows 10では「デフラグ」をする必要はないの?で紹介したようにデフラグを実行したり、ドライブのプロパティの「ツール」タブからエラーチェックを実行すると解消されることもある。ひとつずつ試してみよう。


これでズバッと解決!

 Windows Defenderをチェックしたら、クラウドサービスやストレージに負担をかける機能をオンオフして様子を見る。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン