このページの本文へ

ベリタス、マルチクラウド環境におけるデータ管理の課題解決ソリューション発表

2017年06月08日 15時20分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Veritas CloudMobility

 ベリタステクノロジーズは6月7日、マルチクラウド環境におけるデータ課題を解決するため「Veritas Information Map S3 Connector」「Veritas CloudMobility」「Veritas CloudPoint」を発表した。

 オンプレミス環境と同等のデータ可視化と保護、データガバナンスをマルチクラウド環境でも実現可能にし、Google、IBM、Microsoftをはじめ、同社が発表したパブリッククラウドプロバイダーとのパートナーシップで実現しているという。

 Information Map S3 Connectorは、Amazon S3対応のクラウドストレージリポジトリに保存されている非構造化データ資産などのクラウドベースのデータを、リアルタイム、かつインタラクティブに可視化できる。

 データの保持、移行、あるいは削除の選択や、無駄なデータストレージにともなう不要なコストの削減などに役立つという。

 Veritas CloudMobilityは、マルチクラウド用に設計されており、オンプレミスのデータセンターとクラウドとの間で複雑なワークロードをワンクリックで安全かつ確実に移行可能。

 企業は、ワークロードを特定のクラウドに移行し、ビジネス目標が変化した場合はオンプレミスに戻すなど、柔軟かつコスト効率良く実現できるという。

 また、移行前テストを実行する機能を備え、アプリケーションがクラウドでどのような挙動をするか事前に把握できるので、移行成功につなげられるとしてる。

 Veritas CloudPointは、ワークロードがどのようなクラウド環境に配備されている場合でも、スナップショットベースでデータを保護、高レベルのデータリカバリー目標に対応し、一貫したデータ保護ポリシーを策定できる。

 複数のクラウド環境やデータセンター環境を対象として、シンプルな操作でスナップショットを管理可能だという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ