このページの本文へ

うんざりするような下準備をJavaScriptで自動化してラクをする方法

2017年06月06日 15時32分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Web開発のプロジェクトで毎回必要になるつまらない作業にムダな時間を費やしていませんか? 自作の自動化ツールで今すぐ脱却しましょう。

JavaScriptの開発者にとって、新しいプロジェクトを始めるときに繰り返しで退屈なプロセスが多くあります。プロジェクトごとにpackage.jsonファイルを追加し、標準的な依存オブジェクトを持ってきて構成し、適切なディレクトリ構造を作り、そのほかのファイルを追加し……と、やるべきことは続きます。

ラクしたいですよね? 幸いなことに、これらの作業を自動化できます。特別なツールや言語は必要ありません。JavaScriptの知識があれば簡単です。

このチュートリアルでは、Node.jsを使ってクロスプラットフォーム・コマンドラインインターフェイス(CLI)を作ります。あらかじめ定義したテンプレートのセットを使って、新しいプロジェクトを素早くスキャホールド(足場を組むこと)ができます。拡張性があるので、ニーズに合わせるのも簡単です。ワークフローの面倒な部分を自動化できるのです。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング