このページの本文へ

NTTPC、 多拠点・中小企業に低価格で最適なネット環境を提供

2017年05月31日 14時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTPCコミュニケーションズは5月30日、SD-WAN技術を活用したクラウド型ネットワークサービスの第2弾として「Master'sONE CloudWAN Nプラン」を発表した。提供開始は6月6日から。

 企業イントラ内で「どんなアプリケーションが、いつ、どのくらい利用されているか」を可視化し「業務に不要な通信」「最適化が必要な通信」などを把握できる、中堅・中小企業/多拠点展開企業に適したサービス。

 契約・利用状況などを一元管理し、コントロールパネルからネットワーク構成を監視・設定できる。特定アプリケーションの利用禁止や回線増強などの選択肢から、最適なトラフィック制御を適用可能。

 また、特定の通信を企業イントラネットを経由せず、直接インターネットへ迂回できる。集中するトラフィックを適切に制御し、クラウド利用拡大にともなうコストを抑制するという。

 初期料金は0円で、価格は1拠点につき月額1万8360円から。オンライン申し込みにより4営業日以内での開設を実現している。

 今後、「ゼロタッチ・プロビジョニングのPPPoE対応」「パブリッククラウド接続」などの機能追加を予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ