このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第271回

「Surface Pro」の最新モデルは6月15日から発売

Surface ProとSurface Laptopがお目見えする!

2017年05月31日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

「Surface Laptop」はラップトップ型のノートPC

監視報告
Surface ProとSurface Laptopがお目見え

 マイクロソフトのSurfaceシリーズに新モデル2機種の登場が発表され、盛り上がっている。まずは、「Surface Laptop」。これは、「第261回 新登場した教育機関向け「Windows 10 S」は、機能制限版のWindows 10で紹介した「Windows 10 S」を搭載したラップトップ型のノートPCだ。OSの機能を制限する代わりに、低価格がウリなはずなのだが、「Surface Laptop」は13万6944円からと少々お高め。OSを出している企業だから、いたしかたないところ。その分、クオリティは高い。ちなみに、2017年内であれば、無料でWindows 10 Proにアップグレードすることも可能。

Surface Laptopのカラーはコバルトブルー、プラチナ、グラファイト ゴールド、バーガンディの4色から選べる
予約は6月15日から

 液晶は13.5型で、厚さは14.5mm、重量は1252gと軽量タイプ。キーボードにはバックライトを搭載し、キーストロークは1.5㎜と浅め。バッテリー駆動時間はなんと14.5時間と長い。発表時のプレゼンでは、「MacBook AirやMacBook Proよりも薄くて軽い」「MacBook Airより50%速い」など、MacBookをライバル視した打ち出し方をしていたのが印象的。6月15日から予約受付開始で、発売は7月20日となる。

新しくなったSurface Pro
すでに予約受付中だ

 新しいSurface Proも発売された。「Surface Pro 4」の後継だが、「5」ではなくナンバリングはなし。「Surface Pro」として販売していくようだ。12.3型液晶でバッテリー駆動時間は13.5時間と長い。Windows Hello対応のフロントカメラを搭載しているのも特徴。価格は一般向けが11万4264円から、法人向けは10万1304円からとなっている。

新しくなった「Surface Pro Signature タイプ カバー」も登場する。LEDバックライト付きだ。ただしリリースは7月7日となっている

 こちらはすでに予約受付が開始されており、販売開始は6月15日からとなる。LTEモデルは2017年秋頃にリリースされる予定。これはLTEの認証に時間がかかるためだ。


これでズバッと解決!

 「Surface Pro」の最新モデルは大幅に改良されて、6月15日から発売される。「Windows 10 S」を搭載する「Surface Laptop」は7月20日から発売予定だ。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン