このページの本文へ

2サイズ展開で表面は撥水生地

普段使いできるデザインのカメラ用バックパックが「off toco」ブランドから発表

2017年05月30日 18時15分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カメラ用の機能が随所に入ったオシャレデザインのバックパック

 エレコムは5月30日、カジュアルスタイルカメラバッグブランド「off toco」のバックパック2モデルを発表した。発売は6月上旬で、価格は「DGB-S035シリーズ」が1万3424円、「DGB-S036シリーズ」が9580円。

 いずれもカメラを使わない時はインナーケースを取り外して使える2STYLE仕様。バッグ中央にあるファスナー式の仕切りを外せる二気室貫通構造を採用した。左右どちらでもインナーケースを引き出せる収納口を装備し、バッグを背負ったままでカメラやレンズに手が届く。この専用収納口にはハンドル式のダブルファスナーを採用し、より素早く取り出せる設計になっている。インナーケースには機材の大きさに合わせて調整できる仕切り板が付属する。

下段のインナーケースは左右どちらからも引き出せる

 前面と背面にはそれぞれファスナーポケットを装備。カメラ小物をはじめ、手帳やスマホなどを収納できる。さらに背面にはキャリーバー固定用のキャリーベルトを配置し、小型南京錠を付けられるリング形状のファスナー金具を採用。表面は全体に撥水加工された生地を使用しており、持ち手部分はダブルハンドル仕様になっている。

 ラインアップはスタンダードサイズとミニサイズの2モデル。スタンダードサイズのDGB-S035シリーズは、14インチまでのパソコンが収納できる専用ポケットと、財布やペットボトルなどが入る小物収納スペースに加え、ショルダーベルト部分にファスナーポケットを装備する。コンパクトサイズのDGB-S036シリーズは、9.7インチまでのタブレットが収納できる専用ポケットと、財布やペットボトルなどを入れられる小物収納スペースを装備する。

ショルダーベルトをはじめ、ポケットが豊富
キャリーバッグの固定用ベルトも装備
ミニサイズでも9.7インチのタブレットが入る

 カラーはいずれもブラック、グレー、ネイビーの3色で、DGB-S035シリーズのサイズは幅300×奥行150×高さ410mm、重量は912g。DGB-S036シリーズのサイズは幅240×奥行125×高さ305mm、重量は584g。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース