このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

最新グラボRX 580&RX 570のOC仕様モデルを使い人気ゲーム5タイトルでガッツリ性能を検証!

2017年05月30日 11時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

検証に使ったのはOC仕様のSAPPHIRE製RX 570/RX 580

 自作PCファンなら、AMDが昨年から業界の勢力図を大きく動かしていることはご存じのはず。昨年はPolaris(RX 400シリーズ)、そして今年はRyzenだが、今回はPolaris20ベースの最新GPU「Radeon RX 570」「Radeon RX 580」が、人気&注目のゲームタイトルがどこまで快適にプレイできるのかをチェックしてみたい。

 今回準備したグラフィックボードはSAPPHIRE製のRX 580搭載「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G GDDR5 OC」およびRX 570搭載「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 570 8G GDDR5」の2枚。最近はマザーボードもグラフィックボードもポリゴンっぽい複雑な造形がトレンドだが、SAPPHIRE NITRO+シリーズはシックで落ち着いた雰囲気が特徴。だが“NITRO+”の表記があるように、中身はカリカリにチューンされたOCモデルだ。早速ベンチマーク祭りを開催したい。

SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G GDDR5 OC。価格は3万7200円前後。
「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 580 8G GDDR5 OC」の情報を「GPU-Z」で拾ってみた。GPUクロック1411MHz、VRAMはGDDR5 8GBが8GHz(相当)で動作する
SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 570 8G GDDR5。価格は3万2000円前後。
同様に「SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 570 8G GDDR5」の情報。安価なぶんRX 580よりもSP数(Shaders欄)が少なく、クロックも抑えられている

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中