このページの本文へ

Galaxy S8/S8+の有機EL基板に、カバーガラスもコーニング・ゴリラガラス

コーニングの新ガラス、サムスン有機ELディスプレーに採用

2017年05月19日 20時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Corning Lotus NXT Glass

 コーニングは5月18日、同社のキャリアガラス「Corning Lotus NXT Glass」がサムスンのフレキシブル有機ELパネルに採用されたと発表した。同パネルは現在、「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」で用いられている。

 Corning Lotus NXT Glassは熱安定性が高く、低温ポリシリコンやTFT、有機Elなどさまざまなパネルのキャリアガラス(基板材料)に用いられる。フレキシブルな有機ELパネルに向けて、剛性とともに屈曲可能な柔軟性を備えるのが特長。高い平滑性とともに効率的なレーザー剥離が可能なUV透過率により、生産性の高いキャリアガラスとなっている。

 なお、Galaxy S8/S8+ではカバーガラスとして、コーニングの強化ガラス「Gorilla Glass 5」を採用している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART