このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2017第3回

知ったかできる自作パーツ基礎知識【ビデオカード編】

2017年05月18日 12時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 久々に自作PCに挑戦しようとする人のための応援企画として毎年お届している「アキバで恥をかかないための最新パーツ事情」。今年も、2016年から2017年にかけて登場した新製品を一気におさらいしよう。

 パーツショップを訪れても戸惑うことなく買い物を楽しむために、ここはひとつしっかりと勉強をしてから自作に臨みたい。それではさっそく、PCパーツの最新トレンドを振り返っていこう。第3回は「ビデオカード編」だ。

2016年から2017年の最新ビデオカード事情~NVIDIA編~

 NVIDIA「GeForce」シリーズは、新製品の多い1年だった。2016年5月に登場した「GeForce GTX 1080」を筆頭に、「GeForce GTX 1070」(2016年6月)や「GeForce GTX 1060」(2016年7月)、「GeForce GTX 1050/1050 Ti」(2016年10月)搭載ビデオカードは、いずれも秋葉原で深夜販売を実施。なかでも「GeForce GTX 1080」搭載ビデオカードは、深夜販売でも購入できないユーザーが出るほどの人気ぶりだった。

「GeForce GTX 1080」の深夜販売の様子。22時スタートということもあり、多数のユーザーが駆け付けた

 さらに、2017年3月には「GeForce GTX 1080」の上位モデルである「GeForce GTX 1080 Ti」が登場。現在も多数のメーカーから、オリジナルデザインのVGAクーラーを採用した製品が発売され続けている。

価格は10万円オーバーながら、オリジナルデザインのVGAクーラーを採用した製品が続々登場。まさにハイエンドにふさわしい豪華な仕様の製品が多い
GeForce 10シリーズ ビデオカード スペック表
GPU名 GeForce GTX 1080 Ti GeForce GTX 1080 GeForce GTX 1070
ストリーミング
プロセッサー数
3584基 2560基 1920基
演算ユニット数 88基 80基 64基
コアクロック 1480MHz 1607MHz 1506MHz
ブーストクロック 1582MHz 1733MHz 1683MHz
メモリー転送レート(相当) 11000MHz 10000MHz 8000MHz
メモリータイプ GDDR5X GDDR5X GDDR5
メモリー容量 11GB 8GB 8GB
メモリバス幅 352bit 256bit 256bit
SLI
最大消費電力 250W 180W 150W
補助電源 8ピン+6ピン 8ピン 8ピン
GeForce 10シリーズ ビデオカード スペック表
GPU名 GeForce GTX 1060 GeForce GTX 1050 Ti GeForce GTX 1050
ストリーミング
プロセッサー数
1280基(6GB版)
1152基(3GB版)
768基 640基
演算ユニット数 48基 48基 40基
コアクロック 1506MHz 1290MHz 1354MHz
ブーストクロック 1708MHz 1392MHz 1455MHz
メモリー転送レート(相当) 8000MHz 7000MHz 7000MHz
メモリータイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリー容量 6GB/3GB 4GB 2GB
メモリバス幅 192bit 128bit 128bit
SLI
最大消費電力 120W 75W 75W
補助電源 6ピン なし なし

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中