このページの本文へ

画面サイズが明確化された製品名に変更

プライム会員なら5000円でお釣りがくる! 新型Amazon Fireタブレットが登場

2017年05月17日 22時00分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真左が「Fire 7」、右が「Fire HD 8」

 Amazon.co.jpは、同社のタブレットFireシリーズの最新機種「Fire 7」と「Fire HD 8」を発表しました。どちらも今日17日より予約開始し、6月7日より順次出荷開始となります。なお、10型の「Fire HD 10」のアップデートはありません。

「Fire 7」は安価な7型タブレット
プライム会員なら4980円で購入可能

「Fire 7」

 Fire 7は、1世代前まで「Fire」として販売されていたシリーズの中で最も安価かつコンパクトなモデルです。厚さは1mmほど薄くなっていますがほとんど変わらず、CPUは最大1.3GHzクアッドコアのCPU、16GBメモリーを搭載しています。

 前世代機との変更点は、まずディスプレー。解像度とサイズは7型600×1024ドット液晶と、変更はありませんが、ピクセル形状が正方形(1.05:1)になったため、文字などの描画がより鮮明になっています。

正面背面
上側面左側面
下側面右側面

 また、Wi-FiもIEEE802.11a/b/g/nに対応し、2.4GHzと5GHzのデュアルバンドが利用可能。連続駆動時間は約1時間延びて約8時間に。microSDカードも最大256GBまでサポートされるようになります。

 価格は8GBモデルが8980円。16GBモデルが1万980円。プライム会員なら4000円引きのクーポンが付与されるため、たとえば、8GBモデルであれば4980円で購入可能です。

HD8はやや重くなりつつも
より買いやすくなった「Fire HD 8」

「Fire HD8 」

 一方、Fire HD 8はFire 7とは異なり、名称変更はなく、厚さは0.6mm、重さは約20gアップしています。基本スペックに大きな変更はなく、Fire 7と同じくmicroSDカードは最大256GBのものまでサポートします。

 価格は16GBモデルが1万1980円。32GBモデルが1万3980円。プライム会員はFire 7と同様に4000円引きクーポンが付与されるため、16GBモデルなら7980円で購入可能です。

正面背面
上側面左側面
下側面右側面

おトクなAmazonのサービスを
おトクなタブレットで楽しむ

 今回のFireタブレットの魅力はなんといっても価格とより大容量のmicroSDカードをサポートした点。

 それぞれFire OS 5を搭載しており、UHS対応のmicroSD(推奨はクラス10のもの)であれば、本体に挿入後、電子書籍や映画、音楽、一部のアプリはmicroSDカード内に保存されます。

 そのため、より大きな容量のFireタブレットを買わなくても、Amazonプライムの各種サービスやKindleで購入した小説やコミックなどを楽しめます。

 また、同社では新型Fire 7とFire HD 8向けの純正カバーも用意。フリップタイプとなっており、フタはしめると自動でスリープモードへ切り替わり、またスタンドとしても利用できます。価格はFire 7用が2690円、Fire HD 8用が3480円となります。

純正ケースはそれぞれ5色展開

 エンタメコンテンツを楽しめる安価なタブレットを検討していた方や、すでにFireタブレットを使っていて買い換えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART