このページの本文へ

素人だってパーソナルアシスタントを作れる!人工知能APIまとめ【2017年版】

2017年05月15日 11時19分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

AIプログラミングの専門知識がないけど、アップルのSiriやアマゾンのAlexaのようなパーソナルアシスタントを作りたい開発者へ。手軽に試せるWebサービスAPIとフレームワークを紹介します。

人工知能やパーソナルアシスタント、チャットボットは急速に普及しています。「Siri」「Alexa」「Cortana」「Ok Google」という言葉で人をWebにつないでくれるパーソナルアシスタントや、増え続けるIoT(Internet of Things:モノのインターネット)は、これからますます当たり前になってきます。2017年、ほぼすべてのメッセンジャープログラムとスマートフォンOSにはチャットボットやパーソナルアシスタントが用意されています。 「人工知能」の定義については議論の余地がありますが、誰でも仮想アシスタントを自由に使える世界の幕開けを私たちは目の当たりにしているのです。

幸いなことに、自分でも何か作ってみたい開発者のために、ベーシックな人工知能やチャットボット、パーソナルアシスタントの構築を簡単に始められる夢のようなサービスがあります。スマートホームをつなぎ合わせ、自分専用のメディアセンターをコントロールし、パーソナルAIアシスタントを介してあらゆる種類の情報を配信できます。いろいろなAPIとサービスのおかげで、たくさんの選択肢があります。2015年、2016年の準備が実を結び、2017年は開発者にとってこれまで以上に多くの選択肢がある年となっています。開発者は本当に自分のソリューションを作り始められるのです。

この記事では2016年の1年を通して利用できるようになった、開発者が自分のアプリやIoTデバイスを音声認識やチャットボット、人工知能と接続できるサービスを紹介します。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く