このページの本文へ

IPトランシーバーやSNSを統合して一括提供・一括サポート

富士通、現場のためのIoTソリューション「スマートコミュニケーション」

2017年05月12日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スマートコミュニケーション」

 富士通は5月11日、製造・建設・小売業界やイベント運営などの現場コミュニケーションをスマホで行なうIoTソリューション「スマートコミュニケーション」の提供を開始した。

 これまでトランシーバーなどで行なわれていた現場のコミュニケーションをスマホを用いたIPトランシーバーで行ない、1対1の通話だけでなくグループ一斉通話も可能、作業効率を高める。また、SNSサービスの「LINE WORKS」を導入してテキストメッセージを用いたグループでの情報交換も提供。

さまざまな現場の問題を解決する

 デバイスには富士通の法人向けSIMフリースマホ「ARROWS M357」を使用、デバイスLCM(Life Cycle Management)やスマホの資産管理やセキュリティ対策を実現するMDM(Mobile Device Management)サービス込みの月額レンタルで提供する。アプリのインストールや設定、故障時の保守サポート、回収など統合的に管理。価格はスマホレンタル10台分、IPトランシーバーやSNSサービス込みで9万8000円/月より(税別)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』