このページの本文へ

Adobe XDはUIデザインツール戦国時代を制するか? 次期機能をこっそり聞いた

2017年05月10日 08時00分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

登場から1周年を迎えたUIデザイン&プロトタイピングツール「Adobe XD(Experience Designer)」の進化が止まらない。2016年3月のMac向けプレビュー版リリース以降、毎月アップデート版がリリースされ、2016年11月にはベータ版へ移行。12月にはUIデザインツールとしてはめずらしい、Windows 10向けのベータ版もリリースされた。この間、日本語UIへの対応はもちろんのこと、レイヤーやシンボルといった機能を次々と追加し、Sketchなどの競合ツールを急速にキャッチアップしている。

ハンドオフやレスポンシブ対応など待望の新機能も開発中

UIデザインやプロトタイピングツールはいま、戦国時代を迎えている。オランダ発のUIデザインツールSketchを中心に、InVisionやFlinto、Prott、Framerといったプロトタイピングツールも広く使われている。Facebookが昨年、Origami Studioを発表して参入する一方で、Googleに買収されたPixateはサービスを終了するなど、大手の動きも激しい。

米アドビ システムズでUXデザインツールのプロダクトマネジメントディレクターを務めるアンドリュー・ショーテン氏は、XDの強みを「デザインとプロトタイピング、シェアの3つの機能を兼ね備えた唯一のツールだ」と説明する。たとえばSketchでモバイルアプリのUIをデザインする場合、クライアントやプロジェクトメンバーに画面遷移を説明するには他のツールとの連携が必要だが、XDであれば単体で完結できる。

この記事をWPJのサイトで読む

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング